トップ10
» 2012年04月26日 17時50分 UPDATE

Biz.ID Weekly Top10:連休はどこに行く? 相次いでオープンした東京の新複合施設に注目!

原宿の「東急プラザ表参道原宿」、お台場の「ダイバーシティ東京」、そして本日開業の「渋谷ヒカリエ」と、東京では新しい複合施設が相次いでオープンしています。

[上口翔子,Business Media 誠]

 先週のアクセスランキング1位は「電子文具の未来を占う――スマホで手書きのデジタル化は一般化する?」、2位は「スマホ普及時代の今、手帳が選ばれる理由」、3位は「スマホ前提時代、スマート文具の役割はどうなる?」と、いずれも4〜5月の特集「スマート文具サミット」関連の記事がランクインしました。

 誠 Biz.IDの記事ではないですが、+D Mobileでも「いろいろ出てきたスマホ連携ノート、どれがオススメ?」という、「SHOTNOTE(ショットノート)」や「CamiApp(キャミアップ)」などのスマートフォン連係文具を比較した興味深いレビュー記事が上がっていました。気になる人はぜひそちらも参照ください!


shk_hikarie01.jpg 渋谷ヒカリエ。渋谷駅地下15番出口直結
shk_hikarie02.jpg

 4月18日原宿に開業した「東急プラザ表参道原宿」をはじめ、19日お台場に「ダイバーシティ東京」、26日渋谷に「渋谷ヒカリエ」と、東京では新しい複合施設が次々とオープンしています。連休を利用して行こうと計画している人も多いのではないでしょうか。

 簡単にこの3つの施設の特徴を調べてみたところ、

  1. 東急プラザ表参道原宿:カジュアルファッションやグッズ中心の若者向けで、国内・原宿初出店の店舗が多い印象
  2. ダイバーシティ東京:アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの展示施設「ガンダムフロント東京」を設置したり国内外のショップが幅広く出店したりフードコートが充実していたりとファミリー向け、そして羽田空港が近いので海外からの観光客もターゲット
  3. 渋谷ヒカリエ:ヘルシー志向のお惣菜やスキンケア用品、大人向けファッションが充実し、各階に休憩スペースを用意するなど大人の女性向け。上位階にはミュージアム劇場もあり、文化施設を意識しているよう

 3つの施設のうち、渋谷ヒカリエは仕事で内覧会に参加し、8階のクリエイティブスペース「8/」内にあるコクヨの会員制オフィス「Creative Lounge MOV(クリエイティブラウンジ モヴ)」を見てきました。街の公園を意識した内装やオシャレなオフィス家具が並んでいて、こうした空間で働けたらいいだろうな〜と思うところでした。詳細はよければ記事「渋谷ヒカリエにコクヨの会員制オフィス『Creative Lounge MOV』――新しい働き方を求める人に」をご覧ください。


  Creative Lounge MOV

 ダイバーシティ東京は、ちょうど週末にお台場に行く用事があったので少しだけのぞいてきました。なぜ少しだけかというと、覚悟はしていたのですがオープン後最初の週末だけあって施設内は激混み。店舗によっては入店規制もしていて、テーマパークのようでした。私は友人と「ダメだ、人酔いした……」と言って1時間ほどでギブアップしてきました。

 東急プラザ表参道原宿については、実は一番行ってみたかったところ。というのも「AppBank Store」が300体限定でメッセージングアプリ「LINE」のキャラクターぬいぐるみを販売すると告知していたからです。Twitter上などでの人気ぶりから、即完売になることは予想していたので当日朝から並ぼうと真剣に考えたのですが……昼過ぎから社内で仕事があり、あきらめました。

 後はお店でいうと、米国のカジュアルブランド「AMERICAN EAGLE OUTFITTERS(アメリカンイーグル アウトフィッターズ)」が東急プラザ表参道原宿とダイバーシティ東京に国内初出店したのも注目していました。以前アメリカのある店舗に行った時には日本でいうユニクロみたいなところ? という印象だったのですが、表参道に設置された大きな看板や、プロモーションの一環で新宿で決行されたフラッシュモブの様子の記事を見て、行ってみたいなと思ったのです。

 さて、間もなく大型連休です。東京に来る人はこうした新しい観光・買い物スポットに行ってみてはいかがでしょうか? 混雑は予想されますが、オープン記念のイベントなども予定されていて行く価値はありそうです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ