ニュース
» 2012年09月25日 14時40分 UPDATE

三三、名刺管理サービス「Link Knowledge」のWindows 8版を発表

三三は、企業向け名刺管理サービス「Link Knowledge」をWindows 8で利用できる専用アプリを発表した。Windows 8発売の10月26日に提供を開始する。

[上口翔子,Business Media 誠]

 三三は9月24日、企業向け名刺管理サービス「Link Knowledge」のWindows 8端末向けアプリ「Link Knowledge for Windows8」を発表した。10月26日に提供を開始、マイクロソフトのアプリストア「Windows Store」から無料でダウンロードできる。Windows 8向けのビジネスアプリとしては、国内初だという。

shk_3301.jpg

 Link Knowledgeは、個々の社員が持つ名刺情報をデータとして保存しておくことで、顧客情報を管理、活用できるサービス。三三が貸し出すスキャナを使って名刺情報をOCR化し、その後三三の担当者が情報を手入力して登録。データはすべて三三が管理するデータベース上で保管され、企業はインターネット経由でいつでもどこからでもアクセスできる仕組みだ。

shk_3302.jpg 社員が持つ名刺情報を共有するだけでなく、登録のある企業がプレスリリースを出したり人事異動が発生したりすると、必要に応じて情報を更新する機能なども備えている

Windows 8独自のセマンティックズームなどにも対応

 これまではPCやスマートフォン、携帯電話のブラウザ経由でのみ利用可能だったが、初めてタブレットにも対応した。利用できる機能は基本的には変わらないが、一部、Windows 8独自の画面をつまむ動作(セマンティックズーム)で登録した名刺を日付ごと表示するといった、Windows 8版ならではの操作が可能となっている。

shk_3303.jpg 名刺情報を軸に、地図やメールなど、Windows 8端末にある他のアプリと連係もできる

 料金形態は変わらず月額課金制。名刺管理の基本機能を備えたGroup editionが1ユーザー3500円、それに営業支援の機能を加えたProfessional editionが6500円、大企業向けにアクセス制御などができるEnterprise editionが1万円。さらに今回、タブレット版のみで利用するユーザー向けには、月額2500円のTablet Editionを用意した。

Windows 8タブレットはいずれPCの代替に

shk_3304.jpg 三三の寺田親弘代表取締役

 Tablet Editionは、今後発表予定のiPad、Androidタブレットでの利用も想定したプランとなっている。三三ではあえてこのプランを設定した理由として、「今はPCとの併用で使われているタブレットだが、いずれ端末自体の性能が向上してくればタブレットをメインの業務端末として使用する日がくる。特にWindows 8は、近い将来PCの代替になると期待している。その端末でLink Knowledgeを使うことで、最大のビジネスツールである名刺情報をタブレットとクラウドで持ち歩き、最大限活用できる環境を提供していきたい」としている。

 Link Knowledge for Windows 8の提供はマイクロソフトからも期待が寄せられいるといい、当初はタブレット向けとしてiPad版の開発を進めていたが、急きょWindows 8版を最優先に体制を切り替えたという。三三では、Windows 8版の提供に当たり、3年後にLink Knowledgeの売り上げ20億円、導入企業数は3000社を目標に掲げている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -