ニュース
» 2012年10月16日 14時30分 UPDATE

仕事耕具:マウス? スキャナ? キングジムがマウス兼用のハンディスキャナ発売

キングジムは「マウス型スキャナ」(MSC10)を11月2日に発売。新聞や雑誌などをなぞった通りにスキャンして、画像データとして取り込める。

[鷹木創,Business Media 誠]
st_ms01.jpg マウス型スキャナ

 キングジムは、新聞や雑誌などをなぞった通りにスキャンして、画像データとして取り込める「マウス型スキャナ」(MSC10)を11月2日に発売する。価格は1万1550円。対応OSはWindows 7。

 その名の通りマウスと一体型のスキャナで、通常時はマウスとして使用できるほか、対象物をマウスでなぞるだけでスキャンできる。キングジムによると、新聞やカタログなどの必要な部分を切り取るクリッピングや、一般的なスキャナにセットできない大きな原稿の一部を取り込みたい際にも便利だという。

 専用ソフトを立ち上げ、マウス横のスキャンボタンを押すとスキャンモードになる。この間、スキャンしたい対象物の上をマウスでなぞると、その部分をPCの画面に表示する仕組みだ。ソフトウェアで補正するので、ハンディスキャナにありがちな画像の歪みもある程度防止できるという。スキャンデータは、トリミングやコントラストなどの機能で編集したり、消しゴム機能で必要のない個所を削除したりできる。

st_ms02.jpg

 OCR機能も搭載。対象物の文字を読み取りテキストデータとしても保存できる。なおファイルの保存形式は、PDF/JPG/TIF/BMP/PNG/XLS/DOCの7種類。スキャンサイズはA4サイズ(210×297ミリ)まで対応する。

 本体カラーはブラック。大きさは約60×115×37ミリ(幅×奥行き×高さ)。重さは約110グラム。USB接続で、ケーブルの長さは約1.5メートルとなっている。電源はUSB給電。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ