ニュース
» 2013年02月05日 18時30分 UPDATE

「Dolphin」ブラウザのiOS版がアップデート、スマホ−PC間の共有を簡単に

ドルフィン・ブラウザは、モバイルブラウザ「Dolphin Browser」のiOS版をアップデートした。Evernote Webクリッパー機能をブラウザ内に実装したほか、複数の端末間でブラウジング中のページを共有できる機能などを追加した。

[上口翔子,Business Media 誠]
shk_dp00.jpg 「Dolphin Browser」

 スマートデバイス向けWebブラウザ「Dolphin Browser」のiOS版がアップデートした(App Store)。価格は無料。

 Dolphin Browserは、モバイル向けに開発したブラウザ。ジェスチャー機能やカスタマイズ(アドオン)機能が特徴だ。2009年10月にAndroid版を、2011年8月にiOS版をリリースし、日本では2011年11月に日本語版をリリースした。2012年8月までの累計ダウンロード数は、米国や中国を中心に世界で5000万に達している。

 今回のiOS版のアップデートでは、主に以下5点を追加した。閲覧中のページに手書き文字を追加できるアノテーション機能以外は、1月21日に先行してアップデートしたAndroid版と同様のものとなる。

  • Dolphin Browser上で「Evernote Webクリッパー」機能
  • 閲覧中ページへの手書き文字の追加(アノテーション機能、iPadのみ)
  • Webページのリンクを複数人で共有する「Wi-Fiブロードキャスト」
  • デスクトップPC上のブラウザ同期
  • 画像やテキストデータを端末間で共有

 まず、Evernote Webクリッパー機能をDolphin Browser上で実行できるようにした。これは、ブラウザで閲覧中のWebページをワンクリックでEvernoteに投稿できるもので、ブラウザを閉じなくてもワンタップでページをクリップ可能となる。

 次にアノテーション機能。閲覧中のWebページに手書きで印やコメントを書き込めるようになった。これはiPad限定の機能となる。


  Dolphin Browser上でEvernote Webクリップを実行したもの(画像=左)、iPadでは閲覧中のWebページに手書きを文字を追加できる(画像=右)

 Wi-Fiブロードキャストは、同じWi-Fiネットワーク上にいるDolphin Browserのユーザー間で、Webページのリンクを共有するというもの。会議中など、同一ネットワーク内にいるユーザー間で同一のWebページを見たい場合などに、プロジェクターを立ち上げなくてもブラウザ同士で共有できるメリットがあるという。

shk_dp03.jpg 複数の端末で同期している場合には、Dolphin Browser側で同期可能な端末のリストを一覧表示する

 デスクトップPCで開いているブラウザとも同期もできる。Dolphin Browserはモバイル向けブラウザだが、PC上で使用しているGoogle ChromeやFirefox、Safariの拡張機能をインストールすることで、ブラウザ間の同期ができるようになる。

 複数の端末間で、画像やテキストデータの送受信も可能。同一アカウントでログインしている端末であれば、リアルタイムに情報を共有できる。例えばデスクトップ上で検索した地図をスマートフォンやタブレット端末に送信し、Googleマップで開いたり、電話番号を送信してそのまま電話をかけられたりといった具合だ。ログインできるアカウントはFacebook、Google、Dolphinアカウントの3つから選択できる。


日本市場でドルフィンを広めていく

shk_dp.jpg ドルフィン・ブラウザ日本法人の須賀正明社長

 2月5日に開催した説明会では、ドルフィン・ブラウザ日本法人の須賀正明社長が日本市場に向けた取り組みなどを話した。

 2012年8月に設立したドルフィン・ブラウザの日本法人は、現在社員数が2人、日本市場に向けたマーケティング活動を中心に行っている。現時点では収益化に重きは置いておらず、アプリ自体の有料化も考えていない。

 須賀社長は、「Dolphin Browserは、サクサク感、使い心地、拡張性の良さを意識して開発を行っている。日本のユーザーはスマートフォンアプリの利用率や課金率が高く、開発面でもHTML 5など最新技術に関してレベルが高い。ブラウザ(アプリ)に対するユーザーニーズは各国違うので、日本ユーザーの声を聞きながらDolphin Browserをさらによいものにしていければ」と意気込みを話した。今後は国内に開発部隊を置くことなども視野にいれ、付随する製品も開発していければとしていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ