連載
» 2013年02月20日 09時00分 UPDATE

ScanSnap仕事便利帳:キャリアシート非対応のScanSnapでA3の原稿をスキャンする技

ScanSnapでは通常、A4サイズまでの原稿を読み取れるが、キャリアシートが利用できる場合は、A3サイズまでの原稿も簡単にスキャンが可能だ。ただ、キャリアシートを使わずに、A3原稿をデータ化する技はある。

[山口真弘,Business Media 誠]

集中連載『ScanSnap仕事便利帳』について

shk_obi.jpg

 本連載は2012年12月発売の『ScanSnap仕事便利帳―1台を使い尽くす180の活用法』(山口真弘著、ソフトバンク クリエイティブ刊)から一部抜粋しています。

 今、私たちの身のまわりには、ノートやメモ、チラシ、カタログなど、さまざまな「紙」があふれています。オフィスにいても、企画書や提案書、社内文書、名刺といった「紙」に囲まれて働く機会が多いことでしょう。

 これらは「紙」のまま置いておくことに意義がある場合もありますが、単に場所をとっているだけ、ということも少なくありません。そのため今、さまざまな書類をワンボタンでデジタルデータにできる「ドキュメントスキャナ」が熱い注目を集めています。

 その中でも高い人気を誇る製品が「ScanSnap」。本書では、このScanSnapを活用するコツやアイデアを180個を紹介しています。

shk_scansnap_top.png 「ScanSnap iX500」


shk_ss12801.jpg キャリアシートが使えないScanSnap S1300iでA3原稿を読み取るには、まず元原稿をA4以下でそれぞれスキャンする。この際、合成したい片面だけを読み取るのがポイント

 ScanSnapの機種「iX500」「S1500」「S1500M」「S1100」では、キャリアシートを利用してA3サイズまでの原稿をスキャンできる。

 A3サイズを半分に折りたたみ、キャリアシートに挟んでスキャンすると、専用ソフトウェア「ScanSnap Manager」上で表裏のデータを左右に連結し、元のA3サイズに復元するのだ(片面読み取りのScanSnap S1100は2回に分けて読み取る必要がある)。

 一方、ScanSnap S1300iはキャリアシートには非対応だが、A3原稿を読み取る方法がまったくないわけではない。

 原稿をA4以下になるようカットしてスキャンし、それをScanSnap Organizer上で合成するのだ。原稿を物理的にカットする必要はあるが、スキャン後に処分する予定なら問題はないはず。ScanSnap S1300iのユーザーは知っておいて損はない技だ。


  「ScanSnap Organizer」上で合成したい2つのPDFを選択し、右クリックして「左右に結合」を選ぶ。プレビューが表示されたら、左右が入れ替わっていないか確認して実行(画像=左)。すると、2つのPDFが結合し、見開きの状態になった(画像=右)。ScanSnap S1300iのほか、キャリアシートが別売のScanSnap S1100でも使える技だ

『ScanSnap仕事便利帳―1台を使い尽くす180の活用法』の目次(一部)

shk_obi.jpg
  • 情報整理
    • 捨てる? 捨てない? 迷ったら全部スキャンして紙は処分する
    • 資料の全文検索を可能にすれば思わぬ「発見」があるかも!?
    • 資料は「デジタル」で統一し探しやすく、全体を俯瞰しやすく ほか
  • 会議効率化
    • プレゼン資料のアイデアラフを資料の「下描き」として使う
    • プレゼン資料に書き込んだ小ネタやト書きは保管して次回の参考に
    • 社内LANにつなげない外出先には資料を手元の端末にコピーして持参 ほか
  • 人脈作り
    • 名刺はスキャンしてこそ価値UP! データ化した名刺はこう管理すべし
    • もらった名刺は当日中にスキャン! ファイル名で名刺交換日が分かる
    • 雑談で出てきた相手の趣味などは名刺画像とともに書き留めて保管 ほか
  • スキルアップ
    • 資格試験の問題集をデータ化し隙間時間を使ってマスター
    • 検定試験の問題用紙は復習のためにもスキャンして保存
    • 用語集や専門書をデータ化すれば紙のまま使うより検索性アップ ほか
  • まだある! 便利技
    • 「継続読み取り」オンで大量の原稿をひとつのPDFにする技
    • 硬めの紙もスッと通る! なるべく曲げずにスキャンする技
    • キャリアシート非対応の機種でA3の原稿をスキャンする技 ほか

著者紹介:山口真弘(やまぐち・まさひろ)

photo

 テクニカルライター。PC周辺機器メーカー2社、ユーザビリティコンサルタントを経てライターとして独立。PC周辺機器や電子書籍、電子辞書、Webサービスについてのハウツー記事をImpress Watch、ITmedia、CNET JapanなどのWebサイトに執筆。

著書に『「自炊」のすすめ 電子書籍「自炊」完全マニュアル』(インプレスジャパン)、『3分LifeHacking』(ソフトバンク クリエイティブ)などがある。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -