連載
» 2013年05月27日 10時45分 UPDATE

ビジネスの悩みを解決するPDFドリル:Webページの一部分を切り取って資料として保存するには

Acrobatには、Webページの任意の部分を選択してPDF化できる機能がある。この機能を活用すれば、Webページを資料として保存するのも簡単だ。

[kizuki,Business Media 誠]
shk_pdf2701.jpg 保存したい範囲をドラッグして選択し、右クリックから「印刷」を実行して「Adobe PDF」を選ぶ
shk_pdf2702.jpg 選択範囲のみがPDF化される。なおIEなどの一部ブラウザではこの方法が使えない場合もある(この画面はChrome)

 Webページを閲覧していると、資料として保存しておきたい有用な記事やデータが見つかることはよくある。これを保存する場合、ブックマークするだけだとページ自体が消えてしまったり更新される可能性もあるので、ローカルにコピーを取っておいたほうが安心だ。

 こうした場合、ブラウザから「名前を付けて保存」を実行する方法だと、HTMLベースで保存されてしまい、あとから扱いにくくなってしまう。最近ではEvernoteに保存する方法も知られつつあるが、個人はまだしも会社で他のスタッフと共有するには不向きだし、そもそも会社でEvernoteを利用するのがNGという場合も多いはず。

 もしAdobe Acrobatがインストールされているのなら、Webページの一部分をPDF化して保存する機能を使うとよい。方法は簡単で、マウスで必要な範囲を選択した状態で印刷を実行するだけ。選択された範囲だけがPDFで出力されるので、メニューや広告など、不要個所を省いた状態で必要な情報だけを保存できる。保存日時はもちろん、印刷元のURLなどもヘッダやフッタに記録されるので、あとからオリジナルのページを探すのも簡単だ。

 こうして保存したページを、共有フォルダの中にまとめていけば社内のスタッフで共有して使える立派な資料となる。ページ全体を保存するとどこが必要な個所だったか分からなくなることも多いが、一部分だけをピンポイントで保存できるこの方法であればどこがポイントなのかも一目瞭然だ。

shk_pdf2703.jpg IEの場合、Acrobatをインストールすると導入される「Adobe Acrobat Create PDF Toolbar」上にある「選択」をクリックすれば、CSSで定義された範囲をワンクリックで選択できる。あとは「変換」→「WebページをPDFに変換」を実行すればよい

 ちなみにInternet Explorerを使っているのであれば、Adobe Acrobatをインストールした段階で組み込まれるツールバー「Adobe Acrobat Create PDF Toolbar」の「選択」機能を使えば、任意の範囲をワンクリックで選択できる。スタイルシートで設定している範囲に限られるものの、こちらのほうが一発で選択できて便利なので、IEユーザーは試してみてほしい。

shk_pdf2704.jpg 前の画面で「再レイアウト」にチェックを入れておけば、PDF化される際にページの幅に合わせてレイアウトがリフローされる。不要な個所が気になるようなら、トリミング機能を使って削除するとよいだろう

shk_pdf.jpg

連載「ビジネスの悩みを解決するPDFドリル」とは

 ビジネスの各シーンで利用するPDFファイル。このドリルを練習して、PDFを上手に活用できれば業務効率が向上し、コストの削減ができるはず! さらに、ビジネスのいろいろな問題も解決できるかもしれませんよ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -