ニュース
» 2013年05月31日 10時00分 UPDATE

仕事耕具:「ScanSnap iX500」がアップデート、PCとのWi-Fi接続が可能に

PFUは2012年11月に発売した「ScanSnap iX500」のファームフェアをアップデートした。ユーザーから要望が多かったPCとのWi-Fi接続機能を追加した。

[上口翔子,Business Media 誠]

 PFUは5月31日、ドキュメントスキャナ「ScanSnap iX500」(以下、iX500)のファームウェアアップデートを開始した。ユーザーから要望が多かったというPCとのWi-Fi接続機能を追加した。


shk_pfu01.jpgshk_pfu02.jpg 「ScanSnap iX500」(Windows/Mac OS対応のハイブリッドモデル)

 iX500は、2012年11月に発売したScanSnapシリーズの上位モデル。独自のデュアルコアCPU「GIチップ」を採用したことで、ScanSnap単体で画像処理を行うようになったほか、読み取り速度が前モデルの毎分20枚(A4両面カラー、300dpi時)から毎分25枚に高速化した。さらに無線LAN機能も内蔵していることで、ScanSnap単体でスマートフォンやタブレットとのWi-Fi接続に対応。本体のスキャンボタンを押すと、数秒でスキャンしたファイル(PDFまたはJPEG形式)を直接iOSやAndroid端末に転送できる。スマートデバイスとの連携に重点を置いたモデルだ。

 今回のアップデートは、Wi-Fi接続機能をPCでも行えるようになったのがポイント。これまではUSB 3.0ケーブルを使っていたところを、Wi-Fiを使える環境であれば場所を選ばずにiX500を使えるようになった。

shk_pfu03.jpg ScanSnapの付属ソフト「ScanSnap Manager」でWi-Fi接続状況を確認できる(画面はWindowsの場合)

スマートデバイスとPCの両方から操作した場合はどちらが優先になる?

 PCとのWi-Fi接続に対応したことで、想定される場面が「PCとスマートデバイス、両方から操作する」こと。そうした場合には、スマートデバイスからの接続が優先される設定となっている。例えばPCでiX500を使ってスキャンしたデータをタブレットで確認したいといったとき、タブレット側でアプリを立ち上げると自動でPCとiX500の接続が切れる仕組みだ。

shk_pfu04.jpg ちなみに複数のスマートデバイスで接続を試みた場合には先着順になる

 なおアップデート方法は、PCにインストールしている「ScanSnap オンラインアップデート」に5月31日以降自動的に来るアップデート通知に従って行う。ScanSnapのWebサイトからScanSnap Managerのアップデートプログラムをダウンロードして更新することも可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -