連載
» 2013年07月03日 11時00分 UPDATE

Kindle Fire HD仕事便利帳:サイトの記事を電子書籍化――自分だけの新聞を毎朝受信

新聞が配達されるように、定期的に最新ニュースやブログ記事がKindle Fireに届いたら――。そんな人は、電子書籍管理ソフト「calibre」を試してみよう。

[鈴木麻里子,Business Media 誠]

集中連載『Kindle Fire HD仕事便利帳』について

shk_book.jpg

 本連載は、2013年6月発売の『Kindle Fire HD仕事便利帳―1台を使い倒す196の活用法』(鈴木麻里子著、ソフトバンク クリエイティブ刊)から一部を抜粋して構成しています。

 巷では、スマートフォンよりも画面が大きくて見やすく、10インチのタブレットよりも軽くて持ち運びやすい7インチサイズのタブレットに注目が集まっています。そんな中、2012年12月に日本でも発売されたのが、「Kindle Fire HD」「Kindle Fire」(以下、Kindle Fire)です。

 話題の電子書籍サービス「Kindle」のコンテンツを楽しめるのはもちろん、ちょっと工夫をすれば、情報収集やコミュニケーションのツールとして大いに役立ちます。しかし「時々本を読むだけで置きっぱなし……」「何がいいのかよく分からず、自分には向いていないと思って使うのをあきらめた」という人も多いはず。

 そこでこの書籍では、196通りの活用法を提案しています。Kindle Fireをどう料理しようか、というレシピ集といえるかもしれません。本書が皆さんの好奇心をかき立てるきっかけになりますように。


 新聞が配達されるように、定期的に最新ニュースやブログ記事が端末に届いたら――。そんな人は、電子書籍管理ソフト「calibre」をお試しあれ。

 いわゆる「自炊」などで揃えた電子書籍をPCで管理するのによく使われているツールだが、取り込んだテキストやPDF、HTMLファイル、Office文書、ネット上の記事を電子書籍へ変換する機能があり、変換後のファイルをKindle Fireにも送信できるのだ。

shk_kindle0501.jpg PCで「calibre」を起動した場合の画面

 設定は簡単。まずは初回起動時に、「Amazon」の「Kindle Fire」を選び、「Send-to-Kindle Eメールアドレス」(※)を設定する。そして、登録済みのニュースサイトから好きなものを選び、ダウンロード頻度を指定すればよい。

(※)Kindle Fireの端末ごとに割り当てられるメールアドレス。自分のメールアドレスを確認するには、Kindle Fireのステータスバーを下にスワイプし、「その他」を選んで「設定」の「マイアカウント」を見ればいい

shk_kindle0502.jpg あらかじめ用意されたサイトから、購読したいものを選べる。パスワードが必要な場合はここで設定する

 calibreを常時動作させたままならそのスケジュール通りに、そうでなければ起動するたびに、指定日数内の最新記事をインターネットを通じて収集してくれる。それらは自動的にKindle本の形式に変換され、Kindle Fire宛てに送信される。まさに自分だけの電子新聞なのだ。

shk_kindle0503.jpg Kindle Fireに送信すると、Kindle本の形式に変換された記事が「ドキュメント」に配信される(標準設定の場合)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -