ニュース
» 2013年07月08日 10時30分 UPDATE

3分LifeHacking:折りたたみ、伸縮、合体――ペンケースに入れて持ち運べる30センチ定規3選

折りたたみや伸縮、あるいは合体といった機構を備え、持ち運びや収納に便利なよう工夫された30センチ定規3製品を紹介しよう。

[kizuki,Business Media 誠]
shk_3000.jpg

 数ある文房具の中でも、30センチ定規はその長さゆえに持ち歩くにしても片付けるにしてもかさばる存在だ。ペン立てに立てていて引っ掛けて倒してしまったり、引き出しに収まらないので別のところに片付けた結果、あとで見つからずに困ったことのある人も多いことだろう。

 そんな30センチ定規だが、ここ最近、折りたたみや伸縮、あるいは合体といった機構を備えた製品を文具店などでよく見かけるようになった。いずれも持ち運びや収納を前提に、使いやすく工夫されているのが特徴だ。今回はそのうちの3製品を紹介しよう。

折りたたみ式の「マルチ定規」

最初に紹介するのが、「マルチ定規」だ。ヒンジがついていて中央で折りたためる仕組みになっており、収納時は15センチ強、伸ばすと30センチ定規になる。複数のメーカーから同等品が発売されており、色違いも含めて比較的容易に入手が可能だ。


shk_3011.jpgshk_3012.jpg 製品本体。折りたたんだ状態では15センチ強(画像左)、ヒンジがついており角度を変えられる。簡易な分度器としても使える(画像右)


shk_3013.jpgshk_3014.jpg 伸ばすと30センチ定規になる(画像左)、伸ばすと15センチになるショートタイプもある(画像右)

製品名 実勢価格 発売元
CL マルチ定規<30cm> 透明 315円 デザインフィル

伸縮式の「ノビルラ」

shk_3021.jpg 製品本体。通常は16センチの定規。透明な部分と青い部分の二層構造になっている

 伸縮構造を採用したのが「ノビルラ」だ。通常は16センチ定規だが、上部のクリップ部をスライドさせてパチンと音がするまで伸ばし切ることで30センチ定規として使える。クリップでノートなどに挟むのも容易。6色のバリエーションをラインアップしている。


shk_3022.jpgshk_3023.jpg クリップを押して青い部分をスライドさせると定規が伸びる(画像左)、パチンと音がするまで伸ばすと30センチ定規になる。完全に伸びきっていないと段差ができるので注意(画像右)

製品名 実勢価格 発売元
ノビルラ 16⇔30 直線定規 315円 ソニック

分離合体式の「ジグソールーラー」

shk_3031.jpg 製品本体。ジグソーパズル状の端のユニットがキモ

 ジグソーパズルのような構造をもった分離合体式の定規が「ジグソールーラー」だ。先端の突起部を除き15センチの定規だが、継ぎ足すことで30センチ定規になる。仕組み的にどんどん継ぎ足していけるので、15センチ単位でさらに長さを増やせるのが面白い。カラーは5色をラインアップしている。


shk_3032.jpgshk_3033.jpg 2つをつなぎ合わせることができる。強度もかなり高い(画像左)、30センチ定規になったところ。さらに継ぎ足すことも可能だ(画像右)

製品名 実勢価格 発売元
ジグソールーラー 189円(1本入り)、315円(2本入り) パレット

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ