連載
» 2013年09月09日 09時00分 UPDATE

ビジネスの悩みを解決するPDFドリル:目的別、PDFの「加工」に役立つ無料オンラインサービス

ページの削除や並び替え、ファイルの分割、圧縮、回転やトリミング、さらにはテキストや注釈の記入、パスワードの追加など、PDFの「加工」に対応した無料オンラインサービスを目的別に紹介しよう。

[kizuki,Business Media 誠]

 Adobe AcrobatなどのPDF編集ソフトがない環境では、PDFの加工が行えるオンラインサービスを使うとよい。手持ちのPDFをアップロードすることで、Webブラウザ上でページの削除や並び替え、ファイルの分割、圧縮、回転やトリミング、さらにはテキストや注釈の記入、パスワードの追加まで、さまざまな操作が行える。

 今回は、PDFをオンラインで加工できる無料サービスを目的別に分類してみた。共有PCでPDF編集ソフトが使えない場合など、必要に応じて活用してほしい。

 なおビジネスで使用するPDFは、外部サービスへのアップロードが好ましくないことがほとんどだ。また多くのサービスでは、アップロードできる容量やページ数に制限がある。あくまでも一時利用や緊急時の利用と割り切り、通常はAdobe AcrobatなどのPDF編集ソフトを利用するほうがよいだろう。

PDFの任意のページを抽出する

 PDFの中から任意のページだけを別のファイルとして抽出したい場合は「SplitPDF」を使うとよい。最大30Mバイト、無料の会員登録をすれば最大50Mバイトまでのファイルに対応している。

shk_pdf01.jpg

PDFの特定のページを削除する

 「PDFescape」を使えば、PDFの特定のページを削除できる。Webブラウザ上でサムネイルを見ながらページを選んで削除できるので、うっかり別のページを削除してしまうミスも起こりにくい。

shk_pdf02.jpg

PDFを複数のファイルに分割する

 PDFを複数のファイルに分割したい場合は「ilovepdf.com」を利用するとよい。最大10MバイトまでのPDFファイルをアップロードして、オンラインでページの区切りを指定することにより、PDFを手軽に分割できる。

shk_pdf03.jpg

PDFのページ順序を並び替える

 PDFのページの順序を並び替えたい場合は、「PDFescape」がおすすめだ。最大10MバイトのPDFファイルをアップロードし、ページの並び順をサムネイルで確認しながら並び順を変更できる。

PDFを1つに結合する

 複数のPDFを結合して1つのファイルにまとめたければ、「ilovepdf.com」を使うとよいだろう。最大10個のPDFファイルを結合し、1つのPDFにまとめることができる。上限80Mバイトまで対応しているので、スキャンデータのように容量が大きいファイルも扱いやすい。

PDFの向きを回転する

 スキャンデータなど、ページの向きが90度回転しているPDFは、PDFのページの向きを90度単位で回転できる「RotatePDF.net」を使って修正するとよい。すべてのページを一括ではなく、特定のページだけ回転させたい場合は、「PDFescape」を使うとよいだろう。

shk_pdf04.jpg

PDFをトリミングする

 PDFをトリミングして不要な箇所を省いてしまうには「PDFescape」を使うとよい。上下左右の余白を削除して本文をなるべく大きく見せたい場合などに役立つ。なお、省いた部分はビュアー上で非表示になるだけなので、容量を削減する目的には合わない。

PDFを圧縮する

 「Compress PDF Files Online!」を使えば、PDFをオンラインで圧縮できる。4段階の圧縮率を選べるほか、ブックマークや注釈を削除することでさらに容量を減らすことも可能だ。最大5Mバイトまでと、やや容量が控えめなのがネック。

shk_pdf05.jpg

PDFのフォームに記入する

 申込書などPDFで作られた書類にオンライン上でテキストを記入したければ、「PDFescape」を利用しよう。アップロードしたPDFを見ながら、画面上で位置を指定してテキストを記入できる。日本語にも対応している。

PDFに注釈コメントを追加する

 オンライン上でPDFにコメントを追加するには「PDFescape」が便利だ。PDFをアップロードし、Webブラウザ上でプレビューを見ながら任意の箇所に日本語で注釈を記入できる。いわゆるSticky Noteと呼ばれる吹き出しのほか、ハイライトを追加して特定の箇所を強調することも可能だ。

PDFにパスワードをかける

 PDFを開く際にパスワードを要求するようにしたければ「PDFProtect!」でパスワードを追加するとよい。万一PDFが流出した場合も、パスワードを知らないユーザーは開けないので、セキュリティの強化に役立つ。このほか「PDFescape」にも同様の機能がある。

shk_pdf06.jpg
shk_pdf.jpg

連載「ビジネスの悩みを解決するPDFドリル」とは

 ビジネスの各シーンで利用するPDFファイル。このドリルを練習して、PDFを上手に活用できれば業務効率が向上し、コストの削減ができるはず! さらに、ビジネスのいろいろな問題も解決できるかもしれませんよ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -