連載
» 2013年09月18日 09時00分 UPDATE

3分LifeHacking:10分、60分、90分? 目的によって最適な昼寝の時間は違うらしい

睡眠の専門家は、一般的に10〜20分の昼寝が最大の「効果」が得られると言っています。しかし実際には、昼寝から何(どんな効果)を求めるかによって、理想的な時間は変わってくるそうです。

[Melanie Pinola(訳:的野裕子),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]

 「いつ、どのくらい昼寝を取るか」の計画をしっかり立てるのは重要だと米紙「Wall Street Journal」が説いていました。

 睡眠の専門家は、一般的に10〜20分の昼寝が最大の「効果」が得られると言っています。しかし実際には、昼寝から何(どんな効果)を求めるかによって、理想的な時間は変わってくるそうです。

shk_3lh01.jpg

 どうしても取れない眠気を覚ますには、10〜20分の昼寝をして仕事に戻れば十分だと専門家は言っています。

 しかし認知記憶を処理するには60分の昼寝のほうがより効果的だと、California大学の心理学助教授Mednick博士は言います。徐波睡眠(ノンレム睡眠)が、事実や場所、人の顔を記憶するのを助けるのです。ただし、起きたときに若干ぼんやりとすることがあります。

 90分の昼寝は、睡眠サイクルのちょうど1回分で、創造性を高めたり、情緒や自転車に乗ったりというような手順に関する記憶の助けとなります。

 さらに驚いたことに、深く眠りすぎないために昼寝の間はイスなどに座ったままの姿勢がいいともありました。

 昼寝計画を立てる際は、こちらの過去記事で1日のうちでいつが昼寝に最適な時間かもチェックしてみてください。

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -