連載
» 2013年09月27日 11時00分 UPDATE

トップ3%の人の仕事のルール:トップ3%の人は、独自の「仕事のルール」を持っている (1/2)

トップ3%に入るような成功者は、少し違った基準で仕事をしています。それは細かいスキルや能力を伴うものではなく、仕事に対する姿勢やモノのとらえ方で、総じてポジティブです。なぜ彼らは、苦境のときでもポジティブなのでしょうか? それは自分の心を身軽にしたり、ピンチを楽しみに変える独自の「仕事のルール」を持っているからです。

[石原明,Business Media 誠]

集中連載「トップ3%の人の仕事のルール」について

ks_book190.png

 本連載は、石原明氏著、書籍『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』(中経出版)から一部抜粋、編集しています。

トップ3%に入るような成功者は、少し違った基準で仕事をしています。その基準の多くは、細かいスキルや能力を伴うものではなく、仕事に対する姿勢やモノのとらえ方に関するものです。

ビジネスやプライベートに関係なく、人生において望んだ結果を得るために必要な知識や考え方の基準、さらにはお金の使い方や学習の方法まで、幅広い分野について「教訓=インストラクション」という形でまとめました。

「効率の悪さ」も利益につなげる。読むだけで最強のビジネスパーソンになれる50の法則を紹介。心を身軽にしポジティブな人生を送るための、珠玉の言葉と具体的な方法論を説いた1冊です。


トップ3%に入る成功者は、仕事の基準が少し違う

 トップ3%に入るような成功者は、少し違った基準で仕事をしています。

 その基準の多くは、細かいスキルや能力を伴うものではなく、仕事に対する姿勢やモノのとらえ方に関するものです。

 ご存じの通り、仕事で成功する人は総じてポジティブです。マイナス思考の持ち主で、成功した人を見たことがありません。

 心を軽くし、リラックスして仕事にあたれば、人とのコミュニケーションがスムーズになり人間関係も良好になります。頭も柔軟な状態なので、問題が起きてもふと解決法が思い浮かんだり、助けてくれる人が現れることもあります。

 だから、ポジティブな人たちはピンチのときでも深刻にならず、明るくサラリと問題を乗り越えてしまいます。少し時間が経つと「いい経験をしました!」と言って笑っています。

 なぜ彼らは、苦境のときでもポジティブでいられるのでしょうか?

 それは自分の心を身軽にしたり、ピンチを楽しみに変える独自の「仕事のルール」を持っているからです。

 私は経営コンサルタントという仕事柄、男女を問わず、自分の高い目標を達成している人たちと会っています。

 そういう人たちが、日ごろどんなルールを自分に課し、どんなスタイルで働いているか、つぶさに見てきました。ときには、その人が大事にしている自分だけのルールを教えてもらうこともあります。

 また、職場やプライベートなど、さまざまな場面でどうすれば円滑なコミュニケーションを図ることができるのか、ささいな出来事にとらわれないためにはどうしたらいいのか、といった相談を受けることがあります。

 そこでトップ3%の成功者から学んだり、私自身が大切にしている仕事のルールやスタンスを伝えることもあります。その後、アドバイスをした人たちが見事に変わり、成果を出す光景をたくさん見てきました。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ