連載
» 2013年10月29日 09時00分 UPDATE

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:自分にベストな集中時間を知る (1/3)

集中力は誰にでも身に付けられる技術です。ですが、いきなり集中力を高めろといわれてもうまくいきません。まずはハードルを下げ、集中しやすい環境を作りだすことがポイントです。

[永田豊志,Business Media 誠]

 前回「常に目標達成できる“集中スパイラル”はどうやったら身に着く?」で、集中力を高めるための「5Sメソッド」の話をしました。

 シンプルな(Simple)、小さい(Small)、1つだけの(Single)タスクを短時間(Short)、楽しみながら(Smile)やる。この5つのSに注意しながら作業環境を作れば、誰でも比較的スムーズに集中力を発揮して仕事に没頭できるはずです。

 集中力は誰にでも身に付けられる技術です。ですが、いきなり集中力を高めろといわれてもうまくいきません。まずはハードルを下げ、集中しやすい環境を作りだすことがポイントです(詳しくは前回の記事を参照)。

shk_nagata02.jpg 集中力で悩んでいる人も5つのコツを実践すれば、少しずつ集中力を自分でコントロールできるようになります。集中力はスキル、技術です。誰でも同じように身に付けられます

誰でも達成できるようにハードルを低く、集中しやすい環境づくり

 今回はこうした集中力を発揮し続けるために、普段から身に付けておきたい習慣についてお話したいと思います。中でも一番重要なのは「リズム」です!

 音楽でいえば1つの曲の中でも、イントロ、導入部、サビなどの大きな流れがあり、さらに細かく分ければ1つ1つの小節は同じリズムで刻まれています。集中力のリズムを作るとは、集中できる最小単位の小節を決めることです。

 例えば1日8時間の労働時間をずっと集中しようと思わず、自分にとって集中しやすい細かい時間に分け、それを繰り返します。何度も繰り返すためには、自分にとって心地よい時間の単位を知ることです。

shk_nagata002.jpg
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ