連載
» 2013年12月05日 08時00分 UPDATE

明日から「朝型人間」になる!:失業から一転、早起きが幸運を招いた

30歳男性独身。マンションを購入した直後に失業……。目の前が真っ暗になりましたが、あることをきっかけに環境が一変しました。

[美波紀子,Business Media 誠]

『明日から「朝型人間」になる!』について

shk_book.jpg

 典型的な夜型人間だった著者。心機一転、朝型生活に挑んだ。試行錯誤のうえ見つけたのは、とっても簡単な早起きメソッド。その日を境に、毎朝6時起き。しかも半年で体重12キロ減、体脂肪率10%減という効果も! 風邪やインフルエンザにもかからず、いいことずくめ。本連載ではシンプルな早起きの方法を紹介するとともに、早起きがきっかけで舞い降りた数々の幸運の事例も紹介する。

 この記事は2012年7月19日に発売されたソフトバンククリエイティブの『明日から「朝型人間」になる! リバウンドなし! 人生が好転する早起きメソッド』(美波紀子著、新書)から抜粋、再編集したものです。


 30歳の男性Nさんは、勤めていた印刷会社が倒産の憂き目にあい、突然、失業しました。木造アパートから憧れだった高層マンションに引っ越したばかりで、権利金と敷金と新しく購入した家具で貯金を使い果たしてしまいました。

 その直後の失業……目の前が真っ暗になりました。

 DTPオペレータとしてようやく認められ、好みの女性にも出会えて毎日が楽しくて仕方がなかったのに……急転直下でショックが大きく、彼女に電話もできないほど落ち込みました。

 そんなある日、彼女からメールが来ました。

 「倒産はとても不幸だけれど、今の時代、特別珍しいことじゃない。あなたと同じ思いをしている人がたくさんいる。本当に不幸なのは今の不幸をずっと引きずっていく人だと思う」と、書いてありました。

 別れたい、と言われるのを恐れていたNさんは、そのメールを見てホッとし、立ち上がる元気が湧いてきました。彼女にも相談にのってもらい、生活を立て直すことから始めました。

shk_asa01.jpg

 早起きが大の苦手だったNさんですが、心機一転、朝6時に起きて1時間のジョギング。その後、シャワーを浴びて、しっかり朝食を食べる……。以前は朝、ギリギリまで寝て、ジョギングどころか朝食も食べずに家を飛び出していましたが、そういう子どもっぽい生活をあらためようと思ったそうです。

 ある朝、ジョギングが終わってマンションのエレベータを待っているとき、横の掲示板に犬の写真が貼ってあるのが目に止まりました。立派な体格をした毛並みのいいシェパードです。

 犬が大好きなので気になり掲示板に近づいてみると、写真の横に伝言がありました。「毎朝、犬を散歩させてくれる人を募集しています。謝礼はいたします」とあり、電話番号が書いてあります。

 ふとNさんは、やってみようか、と思いました。就職活動をしてもすぐに決まらないことは予想できます。朝、わずかな金額でもアルバイトができたら助かる、と思ったのです。

 早速電話をして面談に行くと、犬のオーナーは最上階の広い部屋に住む高齢のご夫婦。これまで散歩を頼んでいた人が引っ越したので、代わりを探しているとのことでした。

 大きなシェパードはその夫婦の手には負えないので、1時間ほど運動をさせてほしいと優しい表情で言われました。犬好きのNさんには願ってもないアルバイト。早速翌朝から始めることになりました。

shk_asa02.jpg 写真はイメージです

 「で、謝礼ですが、1回2000円でいかがでしょうか」

 予想した以上の金額で驚きました。1カ月で6万円。失業中のNさんにとっては大きな収入源となります。驚きにはまだ続きがあります。

 ご主人はある会社の相談役をしているのですが、しばらくしてNさんの事情を知ると、知り合いの会社が中途採用の応募をしているから、よければ推薦状を書きましょう、と言ってくれたのです。

 就職活動をしながらも毎朝1分の遅刻もなく朝6時ちょうどに犬を迎えにくるNさんを評価してくれたようです。

 話が進んで面接に行くと、2人の応募に120人もの応募者。厳しい現実に圧倒されそうでしたが、DTPオペレータとしての経験が認められ、推薦状の効力もあってNさんは採用されました。

 待遇は、前の会社とは比較にならないほど高いレベルで、その会社の一員になれたことが誇らしく思えます。結局、倒産から半年もしないうちに、Nさんの環境は信じられないほどレベルアップしたのです。

 Nさんは正社員になってからも出社前、朝6時に犬の散歩を続けています。たまたまあの朝、犬の写真に目を止めたことがNさんに幸運を呼び寄せたのです。どんなに絶望的なときでも、早寝早起きで1日をきっちり過ごせば、必ずいいことに巡り合う。Nさんはそう思ったそうです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ