ニュース
» 2013年12月13日 18時33分 公開

LinkedIn連携でさらに便利:Evernote、iOSアプリに名刺スキャン機能を追加

プレミアム会員向けにEvernote内のカメラから名刺をスキャンできる機能を追加した。LinkedInと連携しておけば、名刺をスキャンした際にLinkedIn上で登録している自分の情報を自動で反映もできる。

[Business Media 誠]

 Evernoteは12月13日、iOS向けアプリをアップデート。カメラモードで名刺をスキャンできる機能を追加した。Evernote単体で認識する名刺情報は名前や企業名、住所、電話番号、所属のみだが、LinkedInと連携しておくことでプロフィール画像なども自動で反映する。

Evernoteを起動してカメラモードを選択
スワイプ操作で「名刺」を選択して撮影
LinkedInと連携していない状態で撮影した場合。名前や住所などをうまく認識していなかった
LinkedInと連携した場合。プロフィール画像も反映されたほか、名前や住所などの項目も正確に反映された

 設定画面で自分のプロフィールを作成しておけば、名刺をもらった相手に自分の連絡先情報をメールで自動送信することも可能。その場で名刺の情報を取り込むことで、後で入力する手間が省ける。

 なお、無料会員でも5枚までは名刺スキャン機能を利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -