連載
» 2014年02月04日 11時00分 UPDATE

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:スランプに陥ったときの対処法

一度スランプに陥るとなかなか脱出できないものです。まずは予防をし、それでもスランプに陥ってしまったときは、自分に合った対処法ですぐに抜け出すようにしましょう。

[須藤由芙子,Business Media 誠]

集中連載「「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法」について

ks_bookzangyou0.png

本連載は、須藤由芙子著、書籍『17時までに結果を出す! 「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法』(日本実業出版社刊)から一部抜粋、編集しています。

本書はタイトルどおり、「残業」を「絶対ゼロ」にしながらノルマも達成する「超効率的営業法」の本です。

「残業絶対ゼロ」にこだわるのには、理由があります。1秒も残業をしないと決めることで初めて、仕事のムダを極限まで省き、定時までに必ず成果を上げる「知恵」と「覚悟」が生まれるのです。仕事と育児を両立させた、超効率的ノウハウを初公開!

会議や雑用に邪魔されずに「訪問」時間を捻出するスケジューリング、短時間・高確率でアポがとれる「引き継ぎテレアポ」、多くの顧客へのフォローを一斉に行う「大量営業」の仕組み、クロージングをかけずに「受注」する技術、最短時間で大きな結果を出す「大物釣り」の方法……。

これらを駆使することで「残業絶対ゼロ」でも結果を出せるのです。

ダラダラ残業している現状を変えたい、家庭の事情などで残業をゼロにしたい、最低限の時間で圧倒的な結果を残したい……など、そんなあなたのための「超効率営業法」を、ぜひ本書で学んでください。


愛:一度スランプに陥るとなかなか脱出できないのですが、どのようにスランプを脱出すればよいのでしょうか?

須藤:まずはスランプの予防をし、それでもスランプに陥ったときは、自分に合った対処法ですぐに抜け出しましょう


 以前は面白いほど受注がとれていたのに、パッタリと結果が出なくなってしまった。あなたも、こんなスランプ状態を経験したことがあるかもしれません。

 スランプが続くと、「結果が出ないのであれば、営業としてやっていけない」「こんなことなら営業を辞めたい」と、思い悩むことも少なくありません。

 こんな精神状態では、行動が止まり、何もできなくなってしまいます。営業は、行動できなくなった時点で終わりです。

 営業のスランプは原因不明で突如としてなるものだと思われがちですが、私は、会社から課された目標金額(期待値)と実際に達成している金額の「差」が大きくなることが、スランプのきっかけではないかと思っています。

 そこで、まずは次のような予防策をとりましょう。

スランプの事前予防策

ks_image01.jpg

 営業は結果がすべてですが、それだけを意識しているとよけいなプレッシャーがかかり、スランプの原因になります。

 それを事前に防ぐためにも、大きな受注金額目標とは別に、常に自分が動き続けることのできる、マイペースな目標も立てておきます。

 日頃から、大きな目標(会社から課された年間のノルマ)と、小さな目標(マイペースな目標)の両輪で営業活動を進め、仮に大きな目標に押しつぶされそうになったときも、小さな目標が達成できているのなら自信を持ちましょう。

 それでも、スランプに陥ってしまったときは、次に紹介する方法が有効です。

スランプの事後対処法

 厳しく聞こえるかもしれませんが、スランプは自分の力で脱出しなければなりません。なぜなら、結果を出すまでのプロセスは、最終的には自分独自のものであり、他人のやり方を真似ても同じ結果にはならないからです。

 ですので、まずは自分の過去の成功体験を書き出してみます。

 そうすることで「あのときも同じように思い悩んで、それでも結果を出せたんだよな」と、欠けてしまった自信を取り戻すことができるのです。

 実際、過去の自分の成功体験を思い返してみると、ほとんどの場合、同じようなことで思い悩み、同じような方法で結果を出していることが分かります。

 それが分かれば「こう対策することで、また結果が出るはず」と自信につながり、スランプから一歩ずつ抜け出して、結果を出すことができるのです。

 営業をやっていると、必ずしもよいことばかりではありません。スランプは必ずあるものだという前提のもとで動いたほうがいいくらいです。

 それでも自分の気持ちの揺れを上手にコントロールしつつ、自信を失わずに「残業絶対ゼロ」を達成していきましょう。

(「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法=終わり)

 →連載「「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法」バックナンバーはこちら

著者プロフィール:

須藤由芙子(すどう・ゆうこ)

株式会社セールスアップ代表取締役。

「現場」にこだわる営業コンサルタント。

1978年京都府生まれ。東京理科大学経営学部卒業後、会計士受験に7回失敗。失意の中、派遣社員として大手銀行に入行。人の10倍雑務をこなし「行員の試験を受けないか」と声がかかるまでに。その経験は、のちの「超効率的営業法」に活かされる。

結婚・出産を期に2年間専業主婦を経験したのち、有価証券報告書自動作成システムの開発・販売会社に入社。営業経験ゼロで働く時間も限られている中「残業絶対ゼロ」をうたう営業法を駆使し、新規開拓数ナンバー1。圧倒的な活動量で、売上アップに貢献した。

2011年、株式会社セールスアップを設立。

現在は、士業、大手コンサルティングファームなどの営業支援・営業代行に携わり、さらに電話営業のべ5000社、飛び込み営業のべ3000社の経験をもとに、営業向けセミナーの実施、教育プログラムの開発などを行っている。


関連キーワード

残業 | 会社 | 仕事 | 職場 | 生産性 | 売上 | 考え方 | 業務 | 目標 | 習慣


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ