連載
» 2014年03月18日 09時00分 UPDATE

3分LifeHacking:尊敬される人が心掛けている10の要素 (1/2)

あなたが心から尊敬する人、憧れる人、共に時間を過ごしたいと思う人を思い浮かべてみてください。あなたはその人から何かを与えてもらったことはありませんか?

[Jeff Haden(訳:佐藤ゆき),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]

 あなたが心から尊敬する人、憧れる人、共に時間を過ごしたいと思う人を思い浮かべてみてください。彼らはお金持ちではないかもしれません。社会的に成功していないかもしれません。誰でも知っている有名人でもないかもしれません。

 それでも、人々から慕われ、尊敬される人々が存在します。彼らは、他の人と何が違うのでしょうか。彼らは与える達人です。寛大で、利他の心を持ち、見返りを求めません。彼らにとっての成功とは、他人の幸せと成功によって得られるものなのです。

 では、彼らが与えるものとは何でしょうか? 以下、彼らが与えることに長けている10のものを挙げてみます。

shk_lh.jpg

1.褒める

 誰でも1つは取りえがあります。だからこそ、誰でも称賛と感謝を得る資格があります。業績の良い社員を高く評価するのは簡単です。反対に、平均的な人を褒める理由を見つけるのは難しいものです。褒めることが得意な人は、簡単な褒め言葉が「平均的な人間を平均以上の人間に変える」と知っています。

 与える達人は、自分でも気が付かなかった長所に気づいてくれます。また、その長所を伸ばすためにさりげなく手助けをしてくれるでしょう。

2.助言を求める

 他者に助言を求めることで、その人に「あなたの経験、スキル、考え方を尊敬しているし、信頼している」シグナルを送ることになります。助言を求めることによって、自分の弱さを示しているのです。助言を求めることは簡単なようで難しいもの。プライベートなトピックになればなるほど、相談するのに勇気がいるでしょう。

 かつて私は、社員に解雇通知を伝える状況に置かれたことがあります。個別会議を持つには、解雇のうわさは既に社内に広まっていました。ある日、1人の社員が言いました。「解雇らしいですね」。私が話すまでもなく、彼は議題を分かっていたのです。私は言いました。「どう社員に伝えればいいか分からないんだ。君ならどう伝える?」

 彼は言いました。「まず、あなたはベストを尽くしたと伝えてください。そして、これからどうなるのかを話してあげてください」シンプルな回答ですが、非常に力強い言葉でもあります。彼は後になって、私があの時、助言を求めてくれてうれしかったと話してくれました。

 与える達人はしばしば他者に助言を求めます。助言を求めることで、相手の自尊心を高めることにもなるからです。

3.相手に対して寛容である

 相手のことを本当に思いやっているなら寛容に振る舞う努力が必要です。寛容さと信頼を示すことで、自分が相手のことを信じていると伝えることになるのです。

4.プライバシーを尊重する

 何でもシェアするのが当たり前の時代です。「いいね!」を押したり、リツイートをしたり。人生はまるで、公開書籍のようになりつつあります。私たちは、自然と他人のプライバシーに関して鈍感になっているでしょう。

 他者に対する最高の贈り物は、プライバシーを与えることです。つまり、過剰な質問や詮索をしないことが大切ですが、相手が共有したい時は心を開いてください。

 与える達人は、他人のプライバシーを尊重し、相手がプライバシーを守れるように努めます。なぜなら、相手を思いやるのに、「知る」ことは必ずしも必要ではないからです。

5.チャンスを与える

 どんな仕事もすばらしく発展する可能性を秘めています。また、誰でもすばらしいことを達成する可能性を秘めています。

 与えるのに長けている上司は、社員がいつかやりたいと思っている仕事につけるように社員を指導します。その仕事がたとえ別の企業での仕事だったとしても。与える達人は、他者がチャンスをつかむサポートに労力を惜しみません。

 相手の苦しみを理解し、その苦しみから逃れられるように相手を助けられる人は多くいます。一方で、ほんの一部の限られた人のみが、相手の夢を理解し、その夢をつかめるようにサポートします。

       1|2 次のページへ

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -