連載
» 2014年04月18日 11時00分 UPDATE

「話のおもしろい人」の法則:会社のことはどうでもいい! あなたは「誰」ですか? (1/2)

ビジネスにおいて、まず紹介しなければいけないのは、何よりも自分自身です。会社の歴史やヒット商品などの話は、関係ができてからすれば十分です。

[野呂エイシロウ,Business Media 誠]

集中連載「「話のおもしろい人」の法則」について

ks_book.png

本連載は、野呂エイシロウ著、書籍『「話のおもしろい人」の法則』(アスコム刊)から一部抜粋、編集しています。

「話のおもしろい人」は、相手によってカメレオンのように言うことを変え、女性のネイルをチェックし、おみやげにガリガリ君をもっていく。

「話のつまらない人」は、半沢直樹』のように自分を押し通し、女性からのメールをチェックし、おみやげに高級アイスを持っていく。さて、そのワケとは――?

さまざまなヒット商品や人気番組の「かげの仕掛人」が教える、話しベタでも人の心を“ワシづかみ”にできる48の話し方。この法則さえ知れば、

・人に怒られない

・異性にモテる

・仲間に嫌われない

・仕事がうまくいく

で、人生が変わります!


会って最初に会社の話をするな!

 ビジネスにおいてよくありがちな、話し方のマズイ例があります。自分の話ではなく、会社の話ばかりをするパターンです。

 弊社では、私どもは、手前どもは――、そんな話を聞かされると、正直うんざりします。会社なんて、しょせん器(うつわ)です。目の前にいるあなた自身がどんな人間なのか、○○株式会社にいるあなたはどんな実績や力を持ち、今後どのような方向に進もうとしているのか、それを聞かないことには何も話しようがありません。

 「当社は○○プロジェクトを展開していまして……」
 (展開しているのは御社の経営者であって、あなた自身ではないよね? あなたはそのなかで何をしているの?)

 「最近では○○がヒットしていまして……」
 (それ、別の人の手柄ですよね? あなた自身は関係ないのではありませんか?)

 「手前どもは1900年の創業でして……」
 (そんな昔のこと、今と何の関係があるの? そもそも、あなたも僕もそのとき生まれてないでしょ!)

 もちろん、そういう思いは口には出さず、心にとどめておきます。でも本当は、声を大にして言いたい。

 「会社のことはどうでもいい! あなたは『誰』ですか?」と。

 ビジネスにおいて、まず紹介しなければいけないのは、何よりも自分自身です。ピンとこなければ、法則のつもりで「会って最初に会社の話をするな!」と覚えてください。会社の話は、関係ができてからすれば十分です。

 例外的に、会っていきなり会社の話をしてもいい人がいます。それは経営者です。とりわけ創業経営者は会社と一体です。ソフトバンクは、ある意味、孫正義さんそのものでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ