連載
» 2014年05月19日 11時00分 UPDATE

Biz.Hacks:SOHOや中小企業で使えるオンライン帳票作成サービスを試す(Golazo編)

SOHOや中小企業に向いた、請求書や見積書などの帳票をオンラインで作成できるサービスが増えつつある。今回はその中の1つ「Golazo」を紹介する。

[山口真弘,Business Media 誠]

 「Golazo」は、オンラインで請求書や見積書を作成できる無料サービスだ。作成した帳票はPDFでダウンロードできるのはもちろんのこと、直接メールに添付してWebサイト上から送信できることが特徴だ。

Golazoのよいところ

  • 作成した請求書を直接メールに添付できる
  • メールの送信文を柔軟にカスタマイズできる
  • シンプルで分かりやすいユーザーインタフェース

Golazoの課題

  • 復興税に対応していない
  • 顧客情報を一括登録できない

Golazo 「Golazo」トップページ。iPadやiPhoneからのアクセスにも対応する
Golazo ユーザー登録に必要なのはメールアドレスとパスワードだけとシンプル
Golazo ログイン後のホーム画面。最近作った帳票が表示されている。新規の帳票を作成するには画面上部のリンクをクリック
Golazo 帳票に表示されるユーザー情報はあらかじめ登録しておく。社印は自前のデータをアップロードして利用できる。会社ロゴや個人の印鑑データをアップロードする機能はない
Golazo 顧客情報もあらかじめ入力してクラウドに保存しておく方式。CSVでまとめてアップロードする機能はなく、手動での登録となる
Golazo 請求書の新規作成画面。顧客はプルダウンで選択できる。PDFのファイル名を兼ねた請求書番号を手動で入力しなくてはいけないのがややわずらわしい
Golazo 消費税のほか、源泉徴収についても自動計算できるが、復興税が考慮されていないのが惜しい。メッセージや入金口座はテンプレートに保存され次から自動入力される
Golazo 完成した請求書。PDFを出力できるほか、コピーして新たに請求書を作成したり、領収書を出力したりもできる。送付済み・領収済みなどのステータスも登録できる
Golazo PDFで出力した請求書。社判を捺印できることを除けば全体的にシンプルなデザイン
Golazo PDFを添付したメールをWebサイト上から送信できる。文面は細かくカスタマイズ可能。末尾には本サービスで送ったことを示すリンクが添えられる

 作成できる帳票は請求書、見積書の2種類で、このほか請求書の作成画面から領収書を発行することもできる。PDFでダウンロードできることに加えて、直接メールに添付してWebサイト上から送信できるのは、ほかの無料サービスと比較した場合にウリになる機能の1つだ。メールでの送信文を細かくカスタマイズできるのも良い。

 帳票の作成にあたっては、自社情報と顧客情報をそれぞれ登録しておき、そこから選んで作成する流れになる。作成した見積書を変換して請求書を作成したり、また過去に作成した帳票をコピーして新しい帳票を作成したりすることもできる。明細は試した限りでは20件を超えても追加が行えたので、行数が不足するといったことはなさそうだ。

 請求書および見積書では、合計金額はもちろん消費税額も自動計算されるほか、源泉徴収額を考慮して計算できるのは他の無料サービスにはあまり見られない強みだ。ただし今回の使用時点では復興税の入力に対応しておらず、実用性という意味では疑問符がつく。

 またテンプレートは1パターンのみで、フォントの種類を選択したり、ロゴをアップロードできる機能はない。自前の社印データをアップロードして利用できるのは強みだが、デザイン面のシンプルさは評価が分かれるところだろう。

 全体的にインタフェースも分かりやすく、繰り返し使うことを念頭に置いて設計されたサービスとして高評価だが、前述の復興税の計算など抜けている要素もあるほか、請求書番号がデフォルトで空欄となっており手入力が必須なのがやや面倒。人によっては気になる点もありそうなので、ひととおりの機能を試した上で自分に向いているか判断するのがよさそうだ。

サービス名 提供元 利用料
Golazo オフザボール 無料

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ