ニュース
» 2014年08月18日 11時00分 UPDATE

仕事耕具:Google Apps用ポータル登場、新着メールや今日の予定を一目でチェック

グループウェアを立ち上げたときにチェックすべきことが一目で分かる「ポータルサイト」――Google Appsにはないこの機能を提供するサービスが登場した。

[Business Media 誠]

 Google Appsを企業で導入したはいいが、立ち上げたときに新着メールや今日の予定などを一画面に表示するポータルサイトがなくて使いづらい――そう思ったことはないだろうか?

 こうした不満を専用ポータルの提供で解消しようというのが、システムクレイスの「Any-Coグループウェア」だ。

Any-Coグループウェアサイト Any-Coグループウェアのポータルサイト画面

 Google Appsは、強力なスパム対策機能や検索機能を備えたGmail、文書・表計算・プレゼン資料の作成・共有が可能なGoogle ドキュメント、クラウドストレージサービスなど、企業が必要とする機能を比較的安価に利用できることから、導入企業や乗り換え企業が増えている。

 システムクレイスは、他のグループウェアからGoogle Appsに乗り換えた企業の「初期状態でポータルがなく、それぞれの機能にアクセスしづらい」「掲示板機能が弱い」「電話メモがない」といった声に応える形で専用ポータルを開発。8月18日から販売を開始した。

 Any-Coグループウェアは、Google Appsにメール、カレンダー、掲示板などを一覧できるポータル機能を提供するサービス。Google Appsのアカウントと連携し、Gmailの新着情報とGoogle カレンダーの予定を1画面に表示する。ポータル上には、企業で利用頻度が高い掲示板や電話メモも用意。それぞれの機能について更に詳しい情報を確認する場合は、ポータル画面から移動することができる。

 GmailやGoogle カレンダーと連携し、情報を一画面に集約

 利用料はユーザー1人当たり月額300円で初期費用は無料。ユーザーはPCだけではなく自分の持っているスマホやタブレットなど、どの端末からでもアクセスすることができる。

関連キーワード

グループウェア | ポータル | Google Apps | Gmail


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ