連載
» 2014年08月19日 11時00分 UPDATE

やる気がわいてくるたった1つの方法:どんな雑用も楽しめる方法 (2/2)

[榎本博明,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

地味な仕事でもちゃんとやってる俺ってカッコいい

 同じく、雑用ばかりでモチベーションの下がった状態から脱することができたという20代の女性は、そのきっかけをつぎのように話してくれた。

 「もっとクリエイティブな仕事を想像していたのに、ほんとに地道な仕事、サポート役やルーチンの仕事ばかりの毎日に、モチベーションは下がりっぱなしでした。そんなとき、ある先輩が『オレも最初は雑用ばっかりだったよ。でも、だれも見てないのに、こんなつまらない仕事を手抜きせずにちゃんとやってるオレってカッコよくね? って思ったんだ』と教えてくれたんです。このひと言がきっかけでがんばろうと思えました」

 これもまさにストーリーをもつことの効果だ。

 「他人がとくに評価してくれない仕事にもモチベーションをキープできることが、立派な仕事人になる条件だ」

 「目立たない仕事も地道にこなしていく自分でありたい。その謙虚さと根性が自分の取り柄だ」

 いろいろなバージョンがありえるが、自分の価値観や美意識をあらわすストーリーを持つことで、どんな雑用も楽しめるようになる。

 ストーリーといっても、ほんの短いつぶやき程度のセリフでかまわない。それでも充分に仕事を意味付けることができる。

関連キーワード

やる気 | 仕事 | 人生 | 原因 | 働きやすい | 職場


前のページへ 1|2       

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -