コラム
» 2014年08月22日 19時01分 UPDATE

OYATSU HACKER:“猛暑でだらだらモード”にさよなら――夏バテ対策3選

夏の暑さで自律神経系が乱れ、疲労や倦怠感、食欲不振や不眠など、さまざまな症状に悩まされるのが夏バテ。近年の猛暑でその深刻度はさらに増しています。ここでは夏バテ解消法をご紹介しましょう。

[佐々木正孝,OYATSU HACKER]

「OYATSU HACKER」とは

アイデアが欲しいときや仕事を効率的に進めたいときのおやつ活用術“おやつハック”を発信する情報サイト。職場でのおやつのとり入れ方、男性とおやつの関係、やる気を出すおやつ摂取法などを発信していきます。

本記事は「OYATSU HACKER」の記事を一部抜粋・編集して掲載しています。


 昼はギラギラ猛暑日のオンパレード。夜は夜で寝苦しい熱帯夜……。「全身の倦怠感が取れない」「ベッドから起き上がる気力が出ない」「食欲がない」などなど、気力体力ともに暑さに奪われてしまう夏バテに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 日本の夏は体力を奪う高温多湿。さらに、行き届いた空調は「外気との温度差による体温調節機能の不調」を招きます。そこで自律神経のバランスが崩れ、胃腸の働きが落ちる→エネルギーが十分に摂れなくなり、疲れがたまる……。これが恐怖、真夏の夏バテ方程式なのです。

 さあ、負のスパイラルから脱すべく、すぐに導入できる夏バテ対策をピックアップしてみましょう。

Photo

水分・ミネラル分を確実に補給すべし!

 外回りで働く人、スポーツを楽しむ人に限らず、朝晩の通勤・移動で汗ダラダラは避けられません。発汗によって水分はどんどん失われていってしまいます。

 熱中症を防ぐ意味でも、水分補給は大切! これは皆さんも当然ご存じのセオリーでしょう。しかし、意外に軽んじているのが「ミネラル分の補給」です。

 ほら、「肉体労働の方は塩をなめながら働く」ってよく聞きますよね。発汗によって失われてしまうのは水分だけじゃありません。大切なミネラル分も一緒に排出されてしまうのです。その結果、体内のミネラルバランスが崩れ、疲労感、倦怠感の原因になります。

 そこでおすすめのドリンクはミネラルをたっぷり含み、しかも飲みやすい麦茶で決まり。昭和の母ちゃん、田舎のばあちゃんが冷蔵庫に常備していた花柄ボトルを遠い目で思い出しつつ、グビっといっちゃってください。

ガッツリ、しっかり食べるべし!

 暑さによって内臓機能が弱まり、消化酵素の働きが低下。ズバリ、これが「食が細くなる」原因です。あっさりサッパリしたものしか食べられないので、冷やし中華にそうめん、ざるそば……ついついクール系麺類で昼食をローテーションしていないでしょうか。

 のど越しの良さはもちろん最高ですが、これらのクール系麺類だけでは、栄養補給としては十分ではありません。

 仕事に勉強に、脳をフル回転させるためには糖分の補給がマスト。脳は1日に約400キロカロリーものエネルギーを消費するため(ヘルシーパス調べ)、糖分が足りなければ、「考えがまとまらない」「デスクワークに取り組む気力が出ない」など、脳がうまく動かない状態に陥ります。そう、これって夏バテの自覚症状ともよく似てますよね。

 かといって丼飯をガツガツ喰らう元気はないし……。

 そんな夏バテ者には、手軽に栄養補給ができるチョコのおやつをおすすめ。がっつりチョコレートが入ったひんやりアイスは、暑い日でも食べることができ、糖分もしっかり補給できます。

 さらにおやつハッカーを監修する澤口俊之先生は、「休憩時に冷たいものを口から摂ることで、鼻腔から空気が送られて脳を効果的に冷やせます。冷たいものは交感神経を刺激してくれる点もメリット」と、クールなおやつに太鼓判を押してくれました。

 食欲が落ちていても、甘さや食感の変化で楽しく食べられる要素も欠かせないでしょう。まさに、「冷たい(Cold)」「甘い(Sweet)」「歯ごたえがある(Texture)」。チェリオが掲げるCST理論とピタリ重なります。食欲が落ちている時こそ、チョコアイスが存在感を発揮する、ということですね。

安眠環境を整備するべし!

 ○○日連続の熱帯夜! 気象予報士がウンザリ顔で宣言するサマーナイトがやってきました。

 寝不足=体力不足。熱帯夜に負けていては夏バテへの道まっしぐらです。体力とメンタルを最高レベルに保つためには、暑い夜でもぐっすり寝るための工夫が欠かせません。

 「安眠温度の28〜29度設定で、エアコンをつけっぱなしにする」「寝る前までに部屋をヒンヤリさせておき、その後はタイマー機能で冷えすぎないように設定」など、熱帯夜のエアコン活用法は、皆さんそれぞれに工夫がおありでしょう。

 ここでは、脳科学的な安眠ファクターをご紹介しましょう。澤口先生は、「(就寝前には)チョコレートでリラックスすることもあります。カカオ豆のポリフェノールが心を鎮める。これは脳科学的にも証明されています」と力強くおっしゃっていました。

 そう、チョコレートアイスは有力なリラックスツール。脳などの頭部を冷やしつつ、適度な甘さでゆったりできる。夏の夜は大人こそチョコアイスをパクつくべきなんです!(歯磨けよ! というドリフ的なセルフツッコミもお忘れなく)

 さて、「水分」「食欲」「睡眠」というキーワードから、すぐに試せる夏バテ対処法を考えてみました。今年の夏は、糖分補充、安眠効果が期待できる甘いアイスを食べて夏バテ知らずの8月を過ごしましょう!

(佐々木正孝)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ