連載
» 2014年09月19日 08時00分 UPDATE

ここが知りたいGmail:まだマウス操作で消耗してるの?――Gmail操作はショートカットで

キーボード操作に慣れている人であれば、できればマウスに手を伸ばさずにキーボード上で操作したいと思うことでしょう。ここではGmail操作の処理速度を上げるキーボードショートカットについて説明します。

[まつもとあつし,Business Media 誠]

連載「ここが知りたいGmail」について

これまでの社内業務システムをGoogleが提供するGoogle Appsに移行して、メールもGmailで管理するという企業が増えています。Gmailには高度な検索やラベルによる振り分け機能などがありますが、従来型のメールソフトと使い方や作法が異なるため使いづらいと感じる人も多いようです。本連載ではGmail特有の作法について解説していきます。


ショートカットキーで素早く操作

 Gmailの操作に慣れてきたら、キーボードショートカットにチャレンジしてみましょう。より速く快適に多くのメールを処理できるようになります。

 (1)Gmailウィンドウ内で歯車のマークをクリック。(2)[設定]をクリックする
 (3)[設定]内の[全般]をクリック。(4)[キーボードショートカット ON]をオンにする
 (5)[変更を保存]をクリックしてキーボードショートカットを有効にする
 キーボードショートカットを有効にすると、キーボードで操作するためのカーソルが表示されるようになる
 (6)[J]を押せばカーソルは下(古いメール)に移動し、[K]を押せば上(新しいメール)に移動する。読みたいメールのところにカーソルが移動したら[O(オー)]または[Enter]キーでメールを開く
 メールが開いた。この状態で[R]を押せばこのメールに返信するための入力画面が表示され、[U]を押せばメール一覧に戻る
 (7)[X]を押せばカーソルのあるメールにチェックを入れられる

「送信」操作もキーボードで

 新規メール([C]で作成)または返信メール作成後、[Tab]キー→[Enter]を押せばキーボードから手を離さず送信できます

 ここで紹介した以外にも多数のショートカットが用意されています。一度に覚えるのは大変ですが、Gmailウィンドウ内で[Shift]キーを押しながら[?]を押せば、ショートカット一覧を呼び出せます。ぜひ活用しましょう。

著者紹介:まつもとあつし

ay_dhu00.jpg

 ジャーナリスト・プロデューサー。『できるポケット+ Gmail 改訂版』(インプレスジャパン)著者。ASCII.jpにて「メディア維新を行く」、ダ・ヴィンチNEWSにて「まつもとあつしのそれゆけ! 電子書籍」連載中。著書に『スマート読書入門』(技術評論社)、『スマートデバイスが生む商機』(インプレスジャパン)『生き残るメディア死ぬメディア』(アスキー新書)など。

 取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。DCM(デジタルコンテンツマネジメント)修士。Twitterのアカウントは@a_matsumoto。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ