コラム
» 2014年09月22日 07時00分 UPDATE

フニワラさんの庶務の知恵袋:応接室を快適な空間に保つコツ

応接室のソファやイス、お手入れは万全ですか? ホコリやゴミがたまりやすい「座面の奥」、手あかが付きやすい「肘掛け」をしっかりお掃除するためのテクニックをご紹介します。

[企業実務]

月刊誌「企業実務」とは

Photo

企業実務」は、経理・総務・人事部門の抱える課題を解決する月刊誌。仕事をすすめるうえで必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、わかりやすく、タイムリーにお届けします。1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”として事務部門の業務を全面的にバックアップ。定期購読はこちら

 本記事は企業実務のコンテンツ「フニワラさんの庶務の知恵袋:応接室を快適な空間に保つコツ」から一部抜粋・編集して掲載しています。


Photo

 大切なお客様をお迎えする応接室。ところが案内され、じかに座るソファや椅子が、汚れていたとしたら、会社に対する印象を大きく損ないかねません。特に、「肘掛け」の部分には手アカが付きやすいこと、「座面の奥」にホコリや髪の毛などが溜まりやすいこと、この2点に注意しておきたいものです。

 数年に1回は専門業者によるクリーニングをお勧めしますが、適切なケアをしておけば、応接家具の傷みが抑えられ、クリーニングの頻度も減らせます。

汚れは気づいたときに対応を

 「肘掛け」の手アカ汚れを落とすには、次の方法が効果的です。まず、100円ショップに置いてある掃除用素材「セスキ炭酸ソーダ」(粉末状のもの)を、コップ1杯の水に小さじ1杯ほど溶かします。それをスプレー容器に入れた「セスキ炭酸ソーダ水スプレー」をつくり、薄手のタオル地のぞうきんに吹き付けて、軽く叩くように、ソファや肘掛けの汚れを移し取ります。

 この方法は、布張り、皮(合皮)張り、木製等の様々な「肘掛け」掃除に使えます。ただし、素材によってはシミになる可能性があるので、目立たないところで試してから、広い部分の掃除に移りましょう。同じスプレーとタオル地のぞうきんで、テーブルの縁に残りがちな手アカも落とすことができます。

 また、ソファなどの座面の奥は、掃除機の先に細いノズル(吸い込み口)を付けて、片手で開くようにして挿し、ホコリや髪の毛を吸い取ります。ここに汚れを溜めると、ダニが発生しやすくなります。見えない部分の掃除はおろそかになりがちなので注意しましょう。

リラクゼーション効果を演出

 オフィスの応接室のように、重厚な応接セットのある空間は、「くつろぎ」よりも「緊張」のほうが勝りがちです。そこで、来客の予定があるときには、リラクゼーション効果の高いエッセンシャルオイルを、アロマディフューザーなどでさりげなく焚いておきましょう。清潔感、清涼感が演出でき、そして意外にお客様の安心感にもつながるのです。

著者プロフィール:藤原千秋

Photo

「フニワラさん」の愛称で親しまれる住宅ライター・アドバイザー&コラムニスト。『フニワラさんの無理なく続けるハウスキーピング術』など著書、マスコミ出演多数。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -