連載
» 2014年09月25日 11時00分 UPDATE

困ったときの“モノの言い方”:「やっぱり、できませんでした」 (1/2)

自分のミスに気付いて報告するとき、あるいは自分のミスで怒らせてしまった相手に謝罪するときに使える表現を身につけましょう。

[村上英記,Business Media 誠]

連載「困ったときの“モノの言い方”」について

ks_book_iiwake190.png

本連載は、村上英記著、書籍『言い訳・口ごたえに聞こえない 困ったときの「モノの言い方」言い換え辞典』(日本実業出版社)から一部抜粋、編集しています。

理由を説明したり、反論したり、主張したりすると、「言い訳するな」「口ごたえするな」と思われそうだから、黙ってしまう。あるいは、とりあえず「すみません」と言ってやり過ごす――。

そんな人のために、心から謝罪し失敗を取り戻す“窮地を脱する言い訳"や、「言いにくいこと」を的確に、かつやわらかく伝える“角を立てない言い訳"を、「ふだんの言葉」から見つけられる辞典にしました。

「言い訳」はビジネスの必須スキル。相手と状況に合わせたフレーズを選べば、困った場面でも信頼関係が保てます。仕事で「やらかしたとき」こそ、きちんとした敬語と表現で切り抜けましょう。


やっぱり、できませんでした

sa_mwnen002.jpg

「できると思ったのですが」

 「できる!」と言っていたのに、期日に間に合わなかった。スキル不足で、引き受けた仕事を完遂できなかったときなどは、このように言いたくなってしまうものです。しかしビジネスシーンでは通用しません。頼りなく幼稚な印象を与えてしまいます。


sa_mwnen003.jpg

「お引き受けしましたのに、申し訳ございません」

 有言実行できなかったことをまずお詫びします。「たしかに自分は引き受けた」と認めることで潔い印象になり、このあとに「知識不足で」「時間がなくて」などといった言い訳を続けても、ネガティブなイメージは与えないでしょう。


例:「お任せください」と言って引き受けましたのに、申し訳ございません。



sa_mwnen004.jpg

「私の力不足で完成させることができず、悔しく思います」

 このフレーズからは、仕事を完成させたいという意志があることが伝わります。そのうえで、「あと3日ほどお時間をいただけないでしょうか」「いくつか教えていただきたい箇所がございます」などと、課題解決のための話を持ちかけます。


例:私の力不足で申し訳ございません。必ず完成させたく思いますので、あと3日ほど猶予をいただけないでしょうか。


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ