コラム
» 2014年10月10日 08時00分 UPDATE

3分LifeHacking:これだから嫌われる コミュニケーション失敗例

生活していく上で避けて通れないのが他人とのコミュニケーション。上手にできる人はどんなことに気をつけているのでしょうか。

[Lolly Daskal(訳:Conyac),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]

 人間、誰しもコミュニケーションを取りますが、言い間違いなどにより失敗してしまうことも。コミュニケーションに非常に注意を払っているのが、高く評価され、称賛されているリーダーや上司、起業家たちです。

 どうすればわたしたちもそうなれるでしょうか。それは誰もが犯しがちなコミュニケーション上の失敗や間違いの例を知って避けることによってです。ではその例をいくつか紹介しましょう。

Photo

誰に対しても同じコミュニケーションをしてしまう

 グループメンバーとコミュニケーションしているとき、こちらの言うことをすぐに理解してくれる人もいれば、さらに説明を必要とする人もいます。人によってニーズも期待も違います。

 コミュニケーションを取りたい対象がどこまでならすぐに理解できるか、その許容範囲をよく考えて、全員にアプローチできるようなコミュニケーション戦略を練りましょう。

口調に注意を払わない

 危機的な状況下にあると、いらいらした言い方をしてしまう場合があります。口調はいつでも重要ですが、そのようなときには特にそういえます。状況がどうであれ、口調に注意を払うことを学びましょう。その秘けつは1. 話す前に一呼吸おく、2. それから話すべきことを伝達します。

面倒な対話を避けてしまう

 ほかの人と全くぶつからないでいられる人はいないでしょう。一時的に対立を避けたところでそれが完全になくなるわけでもありません。そのように難しい状況になっても面倒臭がらず、相手にしてほしいことを分かりやすく説明できるよう話し合いを計画し、実行するようにしましょう。

黙ることで心の中にあるものを出さないでいる

 自分の意見を語るのを「悪いこと」と考えてしまう人がいますが、決してそのようなことはありません。語る際、ほかの人のニーズを考慮しながら、要望をハッキリ伝えれば良いのです。良い関係を維持しながら自信を持って、明確に話し、こちらの要求を穏やかに伝えてみましょう。

返答するのではなく反応してしまう

 怒りや不満で感情的になっている場合には、ちょっと立ち止まってみてください。深呼吸してすべての事実(自分が知らないことを含め)を考え直しましょう。一呼吸おいて熟慮すれば、感情的に反応するのではなく理性的に返答することができます。

根拠のないことを現実のように話す

 根拠のない話は評判を悪くするのみならず信頼を失います。悪気がなくても、それは状況を非常に悪化させます。コミュニケーションをする者として(そして人間として)信頼され評価されたいのであれば、ゴシップに惑わされることや皮肉、憶測することをやめましょう。

心を閉ざす

 現代の職場ではさまざまな種類の信仰、文化そして民族的指向性が存在します。それらのいずれかを排除することは、視野を閉ざすことにつながります。代わりに心を開き、多様性を受け入れましょう。受け入れることで、コミュニケーションは改善され、その多様な経験と創造性は、すべてにおいて利益をもたらすでしょう。

話してばかりで人の話を聞かない

 その場の主導権を握りたいがゆえにしゃべり続ける人がいます。そのような人はコミュニケーションを阻害しているでしょう。逆に、話すのを止め、相手の話を聞いてみてはどうでしょうか? “話す”より“聞く”割合を増やすことで、あなたは次第に学習し、共感できるようになり、その場での主導権を握れるばかりか、それ以外のさまざまな場面でも物事を達成できるようになります。

自分が理解されているかを考えない

 人々が自分のメッセージを理解しているかを確認するための時間を取りましょう。簡単に思えますが、誤解がたくさんあり、深刻な事態をもたらす場合があります。


 コミュニケーションは生活になくてはならないものです。ここで挙げたような基本的な失敗を避ければ、自分自身のみならず、コミュニケーション、指導力、影響力、成功、そして事業にも利益をもたらすことでしょう。

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -