連載
» 2014年10月30日 11時30分 UPDATE

困ったときの“モノの言い方”:「気付きませんでした」 (1/2)

自分が気付いていなかったミスや欠点を指摘されると、つい自己弁護や言い逃れをしたくなります。しかし、注意してもらえるうちが花。相手から指摘を受けたら自分が成長できるチャンスと捉え、謙虚な姿勢を示す「言い訳」フレーズを使ってみましょう。

[村上英記,Business Media 誠]

連載「困ったときの“モノの言い方”」について

ks_book_iiwake190.png

本連載は、村上英記著、書籍『言い訳・口ごたえに聞こえない 困ったときの「モノの言い方」言い換え辞典』(日本実業出版社)から一部抜粋、編集しています。

理由を説明したり、反論したり、主張したりすると、「言い訳するな」「口ごたえするな」と思われそうだから、黙ってしまう。あるいは、とりあえず「すみません」と言ってやり過ごす――。

そんな人のために、心から謝罪し失敗を取り戻す“窮地を脱する言い訳"や、「言いにくいこと」を的確に、かつやわらかく伝える“角を立てない言い訳"を、「ふだんの言葉」から見つけられる辞典にしました。

「言い訳」はビジネスの必須スキル。相手と状況に合わせたフレーズを選べば、困った場面でも信頼関係が保てます。仕事で「やらかしたとき」こそ、きちんとした敬語と表現で切り抜けましょう。


気付きませんでした

sa_mwnen002.jpg

「ちょっとですから、ご勘弁ください」

 これでは「私のミスなんてささいなものでしょ」と主張しているも同然です。

 たとえどんなに小さなミスでも、ミスをしたことへの謝罪や指摘してくれたことへの感謝の意を表現するのが、ビジネスパーソンのマナーです。


sa_mwnen003.jpg

「ご指摘いただいたことを、今後は気をつけてまいります」

 「今後は注意してまいりますので、今回はご容赦ください」というフレーズも使えますが、十分謝罪したあとでない限り、使ってはいけません。

 「もういいでしょ」と話を切り上げるようなニュアンスにもなってしまうからです。


例:細やかなご指摘をありがとうございます。今後は気をつけてまいります。



sa_mwnen004.jpg

「ご指摘いただかなければ気付きませんでした」

 自分に非がある場合は「気がつきませんでした」などと潔く謝罪します。

 「ご親切に、ご注意くださりありがとうございます」などもOK。相手からの指摘によってミスが見つかったことを感謝しましょう。


例:大上さんのご指摘によってミスに気付くことができました。ありがとうございました。


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ