連載
» 2014年11月12日 11時22分 UPDATE

3分LifeHacking:スマートフォンで私たちが失ってしまった3つのスキル (1/2)

いつも手元にあって、私たちを助けてくれるスマートフォン。しかし、それによって私たちが失ってしまった能力があり、いざというときに対応できなくなる恐れがあります。

[Thorin Klosowski(原文/訳:江藤千夏/ガリレオ),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]

 テクノロジーは大抵の場合、私たちの暮らしを便利にしてくれます。おかげで、一部の基本的なスキルを、もはや苦労して習得しなくても良くなりました。

 私たちにとって最も身近なテクノロジー機器にスマートフォンがあります。これを使うようになって、私たちの多くは「電話番号を暗記する」というスキルを失ってしまいました。この記事では、スマートフォンによって私たちが失ってしまった重要なスキルを取り戻す方法を紹介しましょう。

Photo

ただし、「昔はこうだった」は禁止で

 「昔はこうだった」という論調では、ついつい「思い出補正」をかけてしまいがち。テクノロジーが私たちの暮らしを支配する前は、私たちはもっと幸せで、賢くて、生きる力を備えていた……などと主張する人がいますが、それは過去のことをバラ色のユートピアとして美化し過ぎかもしれません。

 とはいえ、私たちが時代とともに、人としての基本的なスキルのいくつかを失ってしまったのは事実です。それらのスキルを習得し直せば、少しはテクノロジー依存から抜け出せ、脳トレができ、世界と触れあう機会を得られるでしょう。そうしたスキルを再評価することは、それは機械文明の全否定につながるわけではありません。

 失ったスキルは、テクノロジーに特に依存している人であっても再習得できるほどですから、誰でも身につけ直せるでしょう。

1.電話番号の暗記

Photo

 スマートフォンのバッテリーが切れた場合、誰かに電話をかけられるでしょうか? 身近な人のものであっても電話番号が1件も頭に入っていないというのは深刻な問題です。実際、以前私はスマートフォンのバッテリー切れと道に迷うということが同時に起きたとき、「誰かに電話して助けてもらう」という手が使えませんでした。携帯電話を使い始めて以来、誰かの電話番号を一切覚えなくなっていたのです。

 この問題の解決策は何でしょうか。再び電話番号を暗記するようにするだけです。とはいえ、電話をかける相手の番号すべてを覚えておく必要などありません。緊急事態に備えて、大切な相手の番号を覚えておくだけで良いのです。それは片手で数えられるほどでしょう。

 数字の暗記には、さまざまなテクニックが出回っています。私のオススメは、大事な番号をアドレス帳から削除してしまって、暗記するしかない状況を作り出す方法です。数字を文字に置き換えたり、歌にしたりするのも効果的。強制的な反復練習で暗記を助けてくれるアプリの力を借りても良いかもしれません。

 スマートフォンの音声入力機能を使っているのなら、相手の名前ではなく番号で発信してみましょう。公的な通報先のほかにも何件か、緊急連絡先の電話番号を暗記しておくべきです。いつ必要になるか分かりませんから。

2.道に迷わないようにする

Photo

 曲がり角に差しかかるたび、音声や矢印アイコンなどで進行方向を表示する「ターンバイターン方式」のナビゲーションシステムは非常に便利です。

 しかし、これに依存し過ぎるのは問題です。もしバッテリーが切れたら立ち往生してしまうことになりかねません。それ以外にも、突然データ通信がつながらなくなったり、地図アプリの操作を誤って、おかしな方向に誘導されることもあるでしょう。最悪のシナリオは、道に迷ったうえに、戻る道の見当すらつかない、というものです。これは車に乗る人だけの問題ではありません。街中でナビを使う人全員に起こりうることです。実際、徒歩や自転車に乗って街中にいる時のほうが、バッテリー切れが起こりやすいはずです。

 ちょうど良い私のエピソードがあります。シアトルへ引っ越したときのこと。いつもあちこちが工事中で、大通りでは交通渋滞が起こりがちという状態でした。そのため、どこかに出かける時はほぼいつもGPSを使っていました。

 ある日、ワシントン湖を1周する長距離サイクリングを思い立ったのですが、ちょうど順路の半分辺りで、それまで来たことのない地域に迷い込んだのに気づきました。家へ戻る道順の見当もつかないし、携帯はバッテリー切れ。とにかくガソリンスタンドを見つけて、市街地へ自転車で戻れる道を聞こうとしたのですが、うまくはいきませんでした。結局は直感を信じて、ひたすら湖沿いを走って家に帰り着きましたが、その程度で済んだのはラッキーでした。

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -