連載
» 2014年12月05日 05時00分 UPDATE

ごくわずかな人しか実行していない成功の法則:自分の能力を信じる

人は、できないと思い込んでいたら最小限の努力しかしない。しかし、自分が成功すると信じれば、成功できるのである。

[ジム・ドノヴァン,Business Media 誠]

連載「ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」について

ks_daredemobook190.png

本連載は、ジム・ドノヴァン著、書籍『誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 決定版』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)から一部抜粋・編集しています。

「人生はこんなもんだ」と、どこかであきらめていませんか? 本書では、米国の人気講演家ジム・ドノヴァンが、実践的でシンプルな夢の見方とかなえ方を74章に渡って紹介しています。あなたも、本書を読むことによって、確実に夢をかなえることができます。

 ・自分で自分をほめる。
 ・完璧な人ではなく完璧な自分になる。
 ・自分を成功者と見なす。
 ・今、こう変ると決める。
 ・失敗など存在しないと考える

など、どこからでも読めてすぐに実行できる、74のシンプルなアイデアを紹介。


自分の能力を信じる

 もしあなたが独立して仕事をしていて、自分は営業が得意ではないと思い込んでいたら、自分の潜在能力をフルに発揮するほど努力することはまずあり得ない。そして、望んでいたような結果も得られない。営業とは関係ない仕事をしている人は、たいていそう思っているからだ。

 このことについてもう少し詳しく考えてみよう。人間の可能性は基本的に無限であるという考えには、多くの人が賛成するだろう。では、なぜ自分の人生には限界があるのだろうか?

 ほとんどの人が自分の無限の可能性を発揮できずにいるのは、できないという思い込みのもとに行動をしているからだ。できないと思い込んでいるために、最小限の努力しかしない。そのために行動も限られたものになり、結果も限られたものになる。

ks_businessman01.jpg (画像と本文は関係ありません)

 セールスの場合にあてはめて言えば、自分はセールスが下手だと思い込んでいれば、努力も中途半端になる。電話も2、3件しかかけないだろう。結果はたかが知れている。そのまずい結果が、できないという思い込みをますます強くしてしまう。そしてこんなことを言う。

 「な? だから売れないって言っただろう?」

 その一方で、もし「自分はセールスが得意だ」という信念を持てば、もっと努力するだろう。自分に備わった創造性をおおいに使い、積極的に行動する。信じる心と行動が一緒になれば、素晴らしい結果が待っている。成功している人たちは、成功は努力の自然の結果だと考えている。

 自分が成功すると信じれば、成功できるのである。目標を達成できる自分の能力を信じれば、その信念は現実の世界でも形を持つ。

成功への提案10

「自分はできる」と思おう。そうすれば努力もするし、能力も最大限発揮できる。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ