連載
» 2014年12月11日 05時00分 UPDATE

困ったときの“モノの言い方”:「私が言ったわけではありません」 (1/2)

うっかり失礼な発言をしてしまったとき、失態をさらしてしまったとき、それを“なかったこと” にするのは不可能ですが、マイナスイメージを挽回できるフレーズがあります。今回は、相手を不快にさせたときの言い訳を紹介します。

[村上英記,Business Media 誠]

連載「困ったときの“モノの言い方”」について

ks_book_iiwake190.png

本連載は、村上英記著、書籍『言い訳・口ごたえに聞こえない 困ったときの「モノの言い方」言い換え辞典』(日本実業出版社)から一部抜粋、編集しています。

理由を説明したり、反論したり、主張したりすると、「言い訳するな」「口ごたえするな」と思われそうだから、黙ってしまう。あるいは、とりあえず「すみません」と言ってやり過ごす――。

そんな人のために、心から謝罪し失敗を取り戻す“窮地を脱する言い訳"や、「言いにくいこと」を的確に、かつやわらかく伝える“角を立てない言い訳"を、「ふだんの言葉」から見つけられる辞典にしました。

「言い訳」はビジネスの必須スキル。相手と状況に合わせたフレーズを選べば、困った場面でも信頼関係が保てます。仕事で「やらかしたとき」こそ、きちんとした敬語と表現で切り抜けましょう。


失礼な発言をしたとき

sa_mwnen002.jpg

「みんなそう言っています」

 自分の個人的な意見ではないことを伝えたい気持ちは分かりますが、上記のフレーズではあまりにも稚拙な印象を与えてしまいます。

 また、「みんなって誰だ」と相手を不快な気持ちにさせるかもしれません。


sa_mwnen003.jpg

「〜という話も耳にいたしました」

 ビジネスマナーとして告げ口はNG。そこで、「誰が言っていたか」は伏せます。「〜という話をしている人もいるけれど、私はそうではない」と印象付けるため、客観的な立場から発言しましょう。


例:大上部長は、チームに貢献した人よりも個人で数字を上げた人を重視する、という話も耳にしましたが、本当のところはいかがでしょうか。



sa_mwnen004.jpg

「誤解している人もいるかもしれません」

 あくまで、個人の意見ではないことを強調できるフレーズです。つい相手に失礼なことを言ってしまったときなどに、不特定多数の見解だと伝え、さりげなく取り繕います。


例:私個人の感想ではなく、大上部長の評価基準は、好き嫌いによるものだと誤解している人もいるかもしれません、という話です。



       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -