Code Redの活動状況と傾向を探る

オランダにCode Red/Code Red IIの活動状況をリアルタイムでモニタしているサイトがある。そのデータからは,この2つのワームの特性がおぼろげながら見えてくる。

【国内記事】 2001年8月9日更新

 Code Redは終息期を迎えたようだ。対してCode Red IIの活動は,ピークは越えたものの,いまだ予断を許さない状況と言える――。

 欧州で20分ごとにCode RedとCode Red IIの活動状況をモニタしているサイトの統計を見ると,そんな傾向が読み取れる。同サイトにはExciteによる日本語訳リンクもある。

 不思議なのは,Code Red II感染者にはダイヤルアップユーザーも多いと推定されるにもかかわらず,この異変に気が付いていない点だ。LAN内のパケット異常増加は,例えば100Mbpsのネットワーク全体を埋め尽くすほどなのに。さらには外部との通信速度低下を引き起こすはずだ。もっとも,EU地域は夏休みで人口が少ないせいなのだろうか。

 以下にそれぞれの傾向を分析してみた。

Code Red

  1. 日本や韓国を中心とする東アジア地域一極集中感染。米国は東・西海岸中心,EUはまんべんなく。逆に言えば,「Windows NT/2000の普及地域」かつ「不注意な管理者」は東アジアに多い?
  2. ランダムなIPアドレスを攻撃対象にする傾向が明確になっている。
  3. 常時接続ユーザーを中心に感染。

Code Red II

  1. 自分に近いIPアドレスを攻撃対象にする傾向にある。この監視サイトのドメイン「.nl」はオランダだ。従って,彼らが採取したサンプルはEU地域限定の傾向を示している。サイトの注記からも分かるように,日本などの地域の傾向は図に表れない。
  2. 感染サーバはCode Redに対して少ないものの,パケット数は多大に流れている。
  3. 時間当たりの推移を見ると,ダイヤルアップユーザーも多く感染していることが分かる。毎日,ビジネス時間にピークを迎える。

 リアルタイムに更新されるグラフを見ていると,「管理者は感染の事実に気付き,早急に対処してほしい」と切実に願うばかりだ。

関連記事
▼ Code Redはログから“アシ”がつく
▼ CodeRedの攻撃でルータも悲鳴
▼ Code Redでも問題に――頭の痛いバッファオーバーラン
▼ 東京めたりっく通信の通信障害はCode Redが原因か
▼ 危険度はオリジナルを超える新種「Code Red II」
▼ 勢いの鈍ったCode Red,しかしまだ要注意
▼ Code Redに改めて警戒を――世界に向けて異例の呼びかけ

関連リンク
▼ Number of Code Red worm probes per hour

[船橋法典,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!