リビング+:ニュース 2003/05/06 20:02:00 更新


松下、ホームネットワークステーションを正式発表

松下電器産業は、無線ルータ「ホームネットワークステーション」を発表した。7月に発売する「無線LANアダプター」と組み合わせれば、「デジタルT」やDIGAの「ブロードバンドアダプタ」をワイヤレス接続できる

 松下電器産業は5月6日、IEEE 802.11b準拠の無線ルータ「ホームネットワークステーション」(BB-HG2000)を発表した。機能は通常の無線ルータと変わらないが、DIGAの「ブロードバンドアダプタ」(DY-NET2)や「デジタルT」(タウ)をワイヤレス接続するための自動設定機能を備えている。

/broadband/0305/06/pana1.jpg
背面には10/100BASE-TX対応の4ポートスイッチングハブを搭載。もちろんPCでも接続できる

 BB-HG2000の特徴は、非PCユーザーの利用も想定して設定を容易にしたこと。インターネット接続には、Webブラウザから回線を選び、ガイダンスに従って必要な項目だけを入力していく「かんたん設定機能」を利用する。

/broadband/0305/06/pana3.jpg
ウィザード形式の「かんたん設定機」。プルダウンメニューから回線を選択すると、その回線に必要な設定項目だけが表示される

 また、無線LANのセキュリティ設定を自動化する「無線自動設定機能」も用意された。無線自動設定機能は、デジタルTやブロードバンドレシーバーを「無線LANアダプター」(BB-HGA310)と組み合わせて使用する際、セキュリティを含む各種設定を自動化するもの。親機(ホームネットワークステーション)には、予めユニークなWEPキーとSSIDが設定されており、設置時に子機(BB-HGA310)を有線接続すると、設定が自動的にダウンロードされる仕組みだ。このとき、PCを使う必要はない(インターネット接続時には必要)。

 BB-HGA310の発売は5月15日。価格はオープンプライスだが、店頭では3万円前後で販売される見込みだ。そのほかの仕様は下記の通り。

/broadband/0305/06/pana2.jpg
無線LANアダプター「BB-HGA310」(Tナビの発表会で撮影)は7月の発売予定。価格はやはりオープンだが、店頭では1万5000円前後で販売される見込み

製品名ホームネットワークステーション
WAN側ポート10/100BASE-TX
LAN側ポート10/100BASE-TX×4ポート
アドレス変換方式IPマスカレード、静的IPマスカレード、静的NAT
PPPoEマルチセッション最大同時接続2セッション対応
無線LAN IEEE 802.11b準拠(64/128bit WEP対応)
本体サイズ約260(幅)×150(奥行き)×42(高さ)mm
重量約430g
電源ACアダプタ
価格オープン(3万円前後)
対応製品Windows 98以降のPC、TH-32D30T、TH36D30T、DY-NET2、BB-HGA310
関連記事
▼松下がTVにWebブラウザを付けた理由
▼高機能ながらシンプルな使い勝手、「DIGA DMR-E90H」を試す
▼携帯電話で録画予約、松下がブロードバンドレシーバを発表
▼ボブ・サップは“AVオタク”――「ブロードバンドレシーバー」も参考出展

[芹澤隆徳,ITmedia]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!