コラム
» 2015年07月30日 07時14分 UPDATE

注意点:ビジネスマナーの基本の基「メールはスピードとクオリティ」 (1/3)

ビジネスメールはスピードとクオリティが大切です。「件名」と「要約」で相手に伝えたいことが簡潔に分かるようにすることを心掛けましょう。

[INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

 ビジネスメールはスピードとクオリティが大切です。「件名」と「要約」で相手に伝えたいことが簡潔に分かるようにすることを心掛けましょう。

メールを送るときの基本マナー

 前回の電話と違い、メールは先方の任意のタイミングでチェックすることができますから、緊急性の低い用件であればメールにしたほうが迷惑はかかりにくいと考えていいでしょう。

 ビジネスシーンにおけるメールの基本マナーは、電話の場合同様「できるだけ簡潔に、分かりやすく」ということになります。

 意外と大切なポイントが「件名」。できるだけ具体的な表記にしましょう。件名だけでおよその内容がわかるのがベストです。

 余計な前置きは省き、用件は「要約」して簡潔に伝えましょう。相手の読みやすさを配慮して、1行35文字以内に収めるのも大切な配慮です。

 メールは簡単にビジネス相手に連絡がとれるというメリットがある反面、簡単すぎて礼儀を逸してしまったり、プライベートのメールの気分で送ってしまったり、という失敗もしがちです。

 送信前に一度、相手の立場に立って、読み直すことを習慣にしましょう。

yd_mail.jpg
       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集