ニュース
» 2015年09月02日 16時49分 UPDATE

“時短コーヒー”はいかが? キリン スーパーファイア スピードブレイクが発売

キリンビバレッジは缶コーヒーの「キリン ファイア」ブランドから、新たに「スーパーファイア スピードブレイク」を発売する。発売日は10月6日で、希望小売価格は115円(税抜き)。

[ITmedia]

 キリンビバレッジは缶コーヒーの「キリン ファイア」ブランドから、新たに「スーパーファイア スピードブレイク」を発売する。発売日は10月6日で、希望小売価格は115円(税抜き)。

スーパーファイア スピードブレイクのパッケージは、シルバーボディに赤のラインが特徴

 コンビニで発売されているカウンターコーヒーなどの台頭によって、ここ数年の缶コーヒー市場はほぼ横ばいで推移。ただ、国内のコーヒー消費量は増加傾向にあることから、新商品のスピードブレイクはライバルとの“共存”を図っていく構え。ファイアが発売された1999年ごろは、コーヒーといえば喫茶店か缶コーヒーで楽しむ人が多かった。しかし、いまはコーヒーチェーン、カフェ、コンビニなど消費者の選択肢が多様化していることから、新商品では缶コーヒーならではの価値観を訴求していくという。

 例えば、コーヒーを飲もうかなと思ったとき、30分あればコーヒーチェーン、15分あればカウンターコーヒー、もっと時間がなければ缶コーヒーを選ぶ人も多いのでは。そこで、新商品では「一瞬でリフレッシュできる、時短コーヒー」を開発テーマに掲げ、「カカオの苦味をプラスして、スピーディーにリフレッシュできる味わいを実現した」(キリンビバレッジ)という。

 ここ数年、缶コーヒー市場でヒット商品は生まれていないが、新たなスタイルを提案するスピードブレイクは消費者のニーズをどこまでくみとることができるのか。注目である。

スピードブレイク(一番左)のほかに、左から贅沢カフェオレ、新豆100%ブラック「コロンビアブレンド」「キリマンジャロブレンド」も発売する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集