インタビュー
» 2015年09月30日 08時10分 UPDATE

水曜インタビュー劇場:(JAL公演):“ザ・縦割り”だったJALが、変貌できた理由 (7/7)

[土肥義則,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

空港内での対応

土肥: 東日本大震災が発生したとき、東京ディズニーランドのキャストの対応が話題になりました。お店で販売しているぬいぐるみを持ちだして、お客さんに「これで頭を守ってください」と言って渡したり、お店で販売しているお菓子を「みなさんにお渡ししますから」と言って無料で配ったりしました。

 こうした対応ができるディズニーは「さすがだなあ」と賞賛の声が多かったのですが、これと似たことが空港内でできたわけですね。

 破たん前の話ってあまり話したくないと思うのですが、赤裸々に語っていただきありがとうございました。次に、採算意識について話を聞かせていただけますか? なんだか“どんぶり勘定だった”ような気がするのですが……。

野村: 実はですね……。

つづく

連載が本になりました!:

 連載「仕事をしたら○○が見えてきた」が、『ササる戦略』(三才ブックス)というタイトルで書籍化されました。

 「なぜミニストップのソフトクリームは真似されないのか?」「50年以上前に発売された『スーパーカブ』が、いまも売れている理由」など、業界が注目する12社から“ヒットの法則”を紹介しています。

 ビジネス書が苦手……という人でも大丈夫。商品を開発した人はどのような苦労があったのか。その商品を売る人はどのような工夫をしたのか。マーケティングや消費者の行動などを分かりやすく解説していますので、オススメの1冊です!

 →『ササる戦略


前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -