コラム
» 2015年10月05日 07時41分 UPDATE

私立高校と公立高校の5.8倍の格差 (1/4)

「私立高等学校等授業料等の調査」によると、私立高校の入学時に支払われる金額は平均71万円、一方の公立高校は12万円。約6倍の差がありますが、この格差について私立高校の先生たちはどのように感じているのでしょうか。

[中土井鉄信,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

 「私立高等学校等授業料等の調査」をご存じでしょうか。文部科学省が発表しているデータで、私立の幼稚園、小学校、中学校、高校(全日制)の入学時の初年度生徒等納付金(年額)の1人当たりの平均額をまとめたものです。

 平成26年度に私立高校(全日制)に入学した生徒がいるとします。「私立高等学校等授業料等の調査」によれば、彼の、彼女の保護者が学校に支払った生徒等納付金平均額は、71万5644円です。内訳は、授業料が38万3598円、入学料が16万1580円、施設整備費等が17万466円。

 これが、公立高校に入学すると……。まあ、私立高校よりは安いんだろうとは予想がつくでしょう。では、その差は?

 平成26年度に公立高校に入学した生徒がいるとします。彼の、彼女の保護者が学校に支払う生徒等納付金平均額は12万4441円。私立高校とは60万円近く違います。内訳は、授業料が11万8800円。入学料は5641円。施設整備費等は公立高校ではかかりません。

 私立が、71万5644円。公立が、12万4441円。私立高校に入学すると、公立高校よりも初年度には5.8倍のお金がかかるという計算ですね。

 このデータを見て、私の頭に浮かんだのは、私がコンサルティングを実施し、理事を務めていた私立高校の先生たちの顔でした。この5.8倍の格差を、私立高校の先生たちはどのように捉えたかが気にかかりました。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2016 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -