ニュース
» 2015年12月11日 07時19分 UPDATE

調達コストを2〜3割カット:電線が揺れない秘密は“ゴルフボールの原理” (1/3)

関西電力は11月から、電気を送る送配電網を銅製からアルミ製に切り替えている。アルミ電線は調達コストを2〜3割カットでき、軽量で交換や保守の作業もしやすいためで、管内の電線を30年程度かけて交換していく。

[産経新聞]
産経新聞

 関西電力は11月から、電気を送る送配電網を銅製からアルミ製に切り替えている。アルミ電線は調達コストを2〜3割カットでき、軽量で交換や保守の作業もしやすいためで、管内の電線を30年程度かけて交換していく。導電性の問題から銅と比べ太くなってしまうため風に揺れやすい難点があったが、表面に凸凹をつけて風の抵抗を弱めるゴルフボールの原理を応用することで克服した。原子力発電所の長期停止で懐事情が厳しい関電は、老朽設備の更新も可能な限りの節約を徹底する。(藤谷茂樹)

ゴルフボールの原理

 関電が導入したアルミ電線は古河電気工業と共同開発した。電線を覆う樹脂にいくつも縦に溝を入れており、断面でみると歯車状に凸凹ができる。これで風圧を弱めて揺れにくくしたのが特徴だ。電力流通事業本部の笹岡毅志マネジャーは「細かい凹凸を付いているゴルフボールの原理と同じだ」と説明する。

 ゴルフボールは、ディンプルと呼ばれる小さなくぼみで覆われていることで空気抵抗を弱め、飛距離を伸ばしている。この原理を電線に応用し、細かな溝をつけることで風を受けたときの力を弱めることに成功した。溝の数や深さなどは特許事項で、詳細は明かせないという。

 関電管内の送配電網は14万キロメートル。多くの電線は昭和30〜40年代の高度経済成長期に集中して整備された。更新時期を迎えているのに合わせ、低価格のアルミ電線を導入することにした。管内14万キロメートルが2〜3割安く調達できると、数百億円規模のコスト削減効果になる。

 ただ、アルミ製は、導電性の問題で銅製に比べて電線を太くする必要がある。高圧用電線の場合で、銅製が直径16ミリに対しアルミ製は19ミリと2割ほど大きくなる。その分、電線が受ける風圧が強くなり、強風が吹けば電線が切れたり、電柱が倒れたりする危険性が増すことになる。

ks_densen01.jpg ゴルフボールの原理を応用し風に揺れにくいアルミ電線=(関西電力提供)
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ