ニュース
» 2015年12月18日 07時24分 UPDATE

客単価4倍に:マクドも嫉妬!? スシローの「まわらない回転すし屋」の脱デフレ戦略 (1/2)

回転すし大手の店舗スタイルの変化がめまぐるしい。元気寿司は5年後をめどに全店で回転レーンをなくす。あきんどスシローは、さまざまなすし料理を楽しめるフルコースを提供する店を首都圏で出した。

[産経新聞]
産経新聞

 回転すし大手の店舗スタイルの変化がめまぐるしい。元気寿司(宇都宮市)は5年後をめどに全店で回転レーンを無くす。あきんどスシロー(大阪府吹田市)は、さまざまなすし料理を楽しめるフルコースを提供する店を首都圏で出した。

 かつては客が回転レーンからすしを取るのが当たり前だったスタイル。しかし大手の店舗では今、回転レーンのない店さえ珍しくない。レーンより求められるのは「少し高くてもおいしい」すしのようだ。

 各社はそうしたニーズに素早く反応する。カッパ・クリエイト(横浜市西区)は、回らない新業態の店舗で高価格帯商品を新たに用意。結果もすぐに出る。コース料理を出すスシローの新業態店では既存の「回転すし店」で千円強だった一人当たり単価が4千円程度までふくれあがった。

ks_sushi01.jpg あきんどスシローの新業態店の店内=同社提供
       1|2 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ