ニュース
» 2015年12月22日 11時28分 UPDATE

ソロ船長のギャラは47億円? 新作スター・ウォーズで新人と55倍“格差” (1/2)

世界各国で公開された「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が空前の興行収入を記録するなか、出演者のギャラが暴露され、破格の金額が話題になっている。

[SankeiBiz]

 世界各国で公開された人気SF映画シリーズの新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が空前の興行収入を記録するなか、出演者のギャラが暴露され、破格の金額が話題になっている。

 32年ぶりにハン・ソロ船長役で出演したハリソン・フォード(73)は出演料に加え、興収の0.5%を受け取る契約を結んでおり、約47億円に達する可能性がある。

 J・J・エイブラムス監督(49)は監督料と興収の2%を手にする。一方、無名の新人からヒロインに大抜擢されたデイジー・リドリー(23)は約5400万円と割安で、大きな“格差”も明るみに出た。

監督は興収2%

 出演者のギャラは、19日の英紙デーリー・メール(電子版)が、情報筋のリークに基づくスクープとして報道した。

 それによると、1977〜83年に公開された初期の3部作以来の出演となるフォードは制作会社の米ディズニーからまず出演料の1670万ポンド(約30億2300万円)を受け取り、興収の0.5%が追加で支払われる。

 イギリスのスタジオでの撮影中に骨折した際、補償金として100万ポンド(約1億8000万円)もちゃっかりもらっていたという。

 デーリー・メール紙は、全世界興収が最終的に13億ポンド(約2353億円)に上ると推計。その場合、追加で650万ポンド(約11億7700万円)を受け取り、ギャラ総額は推定2320万ポンド(約42億円)に上ると試算した。

 興収は歴代1位の「アバター」(2009年)の27億8800万ドル(約3400億円)を抜く可能性も十分にあり、その場合、約47億円を超える計算だ。

エイブラムス監督は、監督料として330万ポンド(約5億9700万円)を受け取り、興収の2%を追加でもらえる。アバターを抜けば、約74億円を手にし、フォードを上回る。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

Loading

注目のテーマ