ニュース
» 2016年01月06日 06時30分 UPDATE

レコード針は永遠に不滅 流行に流されなかったメーカーの愛 (1/3)

レコード針を作り続けて半世紀の老舗、日本精機宝石工業が注目を集めている。レコードが衰退した後も新ジャンルの製品を開発して生き残るしたたかさと、「1人でも欲しい人がいる限り」と製造し続けたレコード針への愛があった。

[産経新聞]
産経新聞

 音楽の購入方法がCDからデジタル配信に移りつつある昨今、アナログレコードが復活してきた。そこで注目を集めているのがレコード針を作り続けて半世紀の老舗、日本精機宝石工業(兵庫県新温泉町)だ。日本海に面した小さな町の従業員約60人の小さなメーカーが手掛けるレコード針は世界で高く評価されている。その陰には、レコードが衰退した後も新ジャンルの製品を開発して生き残るしたたかさと、「1人でも欲しい人がいる限り」と製造し続けたレコード針への愛があった。(藤谷茂樹)

世界に広がるJICO

 日本精機宝石工業がレコード針を製造し始めたのは昭和41年。以降、一貫して顧客の要望に応え続けた。

 社名の英語表記からJEWEL(宝石)とINDUSTRY(工業)の頭文字に、企業を意味するCOをつなげたブランド「JICO(ジコー)」で展開し、今では国内外の約30社の製品に対応する交換針2200種類を製造している。価格は3000円台が中心だが、高音質で再生できる1万円以上の製品も人気が高い。

 売り上げの9割以上を海外が占めている。代理店を介した販売に加え、平成16年にはインターネット上に外国向けの直販サイトを開設した。豊富なラインアップで、既に製造中止となっているレコード針にも対応したことで、ネットを通じ世界中に評判が広がったのだ。

 仲川幸宏専務は「アフガニスタンなどからも注文がある。製品を送る際に地元郵便局でとても驚かれた」と明かす。

 「JICO」の名声は世界でも知る人ぞ知る存在になり、発送先は約200の国・地域に及んでいる。

 そんな世界から注文が寄せられるレコード針は工程の多くが手作業だ。工業用ダイヤモンドを仕込んだ針先は直径0.25ミリ、長さ0.6ミリのサイズだが、女性工員らがルーペなどを使いながら組み立てている。

日本精機宝石工業(JICO)が展開するレコード針
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

新着記事

news023.jpg
新連載・加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
news017.jpg
任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
news012.jpg
水曜インタビュー劇場(空港のクルマ公演):
Loading

注目のテーマ