ニュース
» 2016年01月12日 06時54分 UPDATE

2017年1月から開始予定:人工知能が災害や事故のSNS投稿を収集・速報 日本のベンチャーがアプリ開発 (3/3)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2|3       

ソーシャルのデータを取得

 人工知能エンジンが取得するのはツイッター、インスタグラム、フェイスブック(FB)、ユーチューブ−などソーシャルメディアの全データだ。

 これらの中から事件・事故画像などをSpecteeのアプリで見られるようにするわけだが、「例えばツイッターの公開投稿は、利用規約上も米ツイッター社と契約を結ぶサードパーティー(第三者)のアプリに掲載されても法的に問題がない。インスタグラムやFBの公開設定の投稿も同様で、弁護士とも確認済みだ」(村上氏)。

 それでも個別の削除要請があれば対応するとしている。

発生→速報に強みを発揮

 アプリは日本語のみでサービスを始めるが、英語対応のアンドロイド版を早期に投入する。先行する米国発アプリ「banjo(バンジョ)」にユーザー獲得競争で挑み、広告収入に頼る運営の安定化を目指す方針という。

 村上氏は「大震災では何が起きたのかすぐに分からず不安が募った体験が開発の原点だ。一般市民がスマホで撮影した現場画像も、今ではネットにつながったスマホで簡単に大勢に見せられるようになった。それらを抽出し編集して早く配信する。報道機関が詳細を報じるまでの間を埋めるのがSpecteeの役割だ」と語った。(柳原一哉)

前のページへ 1|2|3       

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ