ニュース
» 2016年01月13日 00時00分 UPDATE

企画乗車券は1500円:ひらパーを南海がPR? 京阪と同盟、上位グループ攻める (1/3)

京阪電気鉄道と南海電気鉄道が、互いの利用促進に向けコラボを続けている。両社に競合路線がなく、京阪、南海連合で利便性向上を図り売上高規模で上位の近鉄グループホールディングスと阪急阪神HDに挑む。

[産経新聞]
産経新聞

 京阪電気鉄道と南海電気鉄道が、互いの利用促進に向けコラボを続けている。沿線の観光スポットを紹介するポスターを相互に掲示したり、両社の鉄道を利用できる企画乗車券を販売したり。急増する訪日外国人には空の玄関口の関西国際空港から南海、京阪を乗り継いで京都観光を楽しむルートをPRする。背景には両社に競合路線がないことがあり、京阪、南海連合で利便性向上を図って売上高規模で上位の近鉄グループホールディングス(HD)と阪急阪神HDに挑む。(藤原直樹)

ええとこどりプロジェクト

 京阪京橋駅でひときわ目立つ広告看板がある。書かれているのは「天空で行く世界遺産・高野山」。天空は、南海が高野山近くの橋本駅から極楽橋駅までの約20キロで運行している観光列車で、京阪の駅で南海の観光列車をPRしている。

 この看板は京橋駅だけでなく、淀屋橋、枚方市、西三荘、丹波橋、三条の各駅でも掲示している。一方、南海でも京阪をPRする看板が掲げられている駅があり、それぞれが相互にPRし合っている。

 京阪と南海がコラボする看板などは平成20年8月のポスター「高野山と鞍馬・貴船」から始まった。南海沿線の高野山と京阪沿線の京都という代表的な観光地をそれぞれPRし合っている。

 両社は「京阪・南海ええとこどりプロジェクト」と命名。20年1月から連携して相互の利用促進を図る勉強会を立ち上げて企画を練ってきた。

 看板やポスターは、「和歌山ラーメン(南海沿線)と一乗寺ラーメン(京阪沿線)」といった名物をアピールしたり、「みさき公園(南海沿線)とひらかたパーク(京阪沿線)」といったレジャー施設を紹介したりとさまざまなアイデアが企画され、現在まで続いている。

ks_hirapa01.jpg 京阪電気鉄道の京橋駅に掲示されている南海電気鉄道の観光列車をPRする看板
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ