コラム
» 2016年01月15日 16時37分 UPDATE

インフルエンザ流行予想・流行情報 (1/3)

2016年1月14日、東京都内でのインフルエンザ患者報告数が、流行開始の目安を超えたと発表されました。他の地域でも、今後流行が拡大していくことが予想されます。

[いしゃまち]
いしゃまち

 2016年1月14日、東京都内でのインフルエンザ患者報告数が、流行開始の目安を超えたと発表されました。他の地域でも、今後流行が拡大していくことが予想されます。

 例年は12月から3月にかけて流行するインフルエンザですが、今年は暖冬の影響からか、かなり遅いスタートとなりました。これから流行が本格化していくと考えられますので、しっかりと予防を行ってください。ここでは、今年のインフルエンザの流行予想と、現在のインフルエンザ発生状況について、国立感染症研究所のデータをもとにお伝えします。

現在のインフルエンザ流行状況

 まずは、現時点でのインフルエンザの流行状況を見てみましょう。以下のグラフは、国立感染症研究所が発表しているインフルエンザウイルス分離・検出状況のデータ5年分を比較したものです(2016年1月15日時点で発表されているデータを元に作成しています)。

 また、「いしゃまち」の「インフルエンザの初期症状は!? かかった場合の5つの対処法と治療薬」という記事の閲覧数も、2015年末からここ数日にかけてぐっと増加しています。この1ヶ月でおよそ2.5倍ほどの閲覧数になっており、インフルエンザの症状や対処法について気になり始めた人が増えていることが分かります。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © 2016 Mediwill All rights reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -