ニュース
» 2016年01月21日 06時00分 UPDATE

価格は4万8000円:「嵐」が紅白で着たと話題のジャケット バーバリー失った三陽商会に追い風? (1/2)

年末の紅白のオープニングでジャニーズの嵐が着用したジャケットに注目が集まっている。バーバリーを失った三陽商会にとっていい追い風となりそうだ。

[産経新聞]
産経新聞

 嵐が2015年末の紅白のオープニングで着用したジャケットに注目が集まっている。「ブラックレーベル・クレストブリッジ」(三陽商会)の赤のチェック柄のジャケットだ。同ブランドは、2015年6月に営業を終了した「バーバリー ブルーレーベル/ブラックレーベル」の後継ブランドとして作秋冬にデビュー。バーバリーを失った三陽商会にとっていい追い風となりそうだ。

嵐が紅白で着用したジャケットは……デザイナーがSNSで発信

 2015年おおみそかの第66回紅白歌合戦。オープニングに登場した嵐は赤のチェックのジャケットに黒のパンツ、白シャツに黒のネクタイという“いいとこのお坊ちゃん”風のコーディネートだった。

 このジャケットは三陽商会が展開する「ブラックレーベル・クレストブリッジ」の2016春夏コレクションのものだ。紅白放送を受けて、同ブランドのクリエイティブ・ディレクター、三原康浩氏は自身のSNSで「紅白のオープニングでブラックレーベル クレストブリッジチェックのジャケットを嵐が着てくれました! 5人共良く似合っています!」と発信した。

 嵐の着用情報が拡散すると、同社はすかさず、翌1月1日、店舗に同ブランドのアイコンである赤のクレストブリッジチェック商品全般を前面に打ち出すビジュアルプレゼンテーション指示を通達した。

紅白で嵐が着用したジャケットと同型のジャケット。「ブラックレーベル・クレストブリッジ」の秋冬商品(三陽商会提供)
       1|2 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ