ニュース
» 2016年01月21日 07時37分 UPDATE

「ベッキーCM“打ち切り”」新たに1社 (1/2)

ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音さんとの不倫疑惑騒動の渦中にあるタレント、ベッキーさんが出演するテレビCMについて、関西電力系通信会社、ケイ・オプティコムは、出演契約を更新しないことを明らかにした。

[産経新聞]
産経新聞

 人気バンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(かわたに・えのん、27)さんとの不倫疑惑騒動の渦中にあるタレント、ベッキー(31)さんが出演するテレビCMについて、関西電力系通信会社、ケイ・オプティコムは20日、出演契約を更新しないことを明らかにした。不倫疑惑をベッキーさん本人が会見で否定したことから続投させる方針だったが、騒動の影響は大きく、“打ち切り”の判断にいたったようだ。

yd_sankei1.jpg ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんとの不倫疑惑について会見に臨むベッキーさん=東京・新宿区

 同社は、昨年1月24日から、ベッキーさんとタレントの有吉弘行さんの2人をイメージキャラクターに起用し、1年間の出演契約で格安スマートフォン「mineo(マイネオ)」のCMを始めた。今年はベッキーさんのみの契約を更新して、新CMを今月下旬から放送する予定だった。

 しかし、7日の週刊文春で不倫疑惑が報じられ、状況が一変。ケイ・オプティコムと同様にベッキーさんを起用していた太田胃散がCMを差し替え、花王もCM終了を決めるなど、広告業界に波紋がいっきに広がった。

 ケイ・オプティコムは当初、「ベッキーさん本人が否定している。切る理由はない」と擁護し、契約を更新する姿勢を示していた。

 同社は関西圏の戸建て住宅に光回線「eo(イオ)光」を展開する通信業者で、関西では有名企業の一つだが全国区での知名度は低い。CM好感度の高いベッキーさんの起用で、知名度アップを狙っていたものの、おさまらぬ騒動に耐えかねて、契約を白紙に戻すことにした。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ