ニュース
» 2016年01月25日 06時00分 UPDATE

2月に閉店:「もうあかん やめます!」 大阪の名物靴店がホンマに閉店か (1/3)

「もうあかん やめます!」――そんな垂れ幕を20年以上掲げて営業を続けてきた大阪市北区西天満の靴店「靴のオットー」が2月20日、本当に閉店する。

[産経新聞]
産経新聞

 「もうあかん やめます!」。そんな垂れ幕を20年以上掲げて営業を続けてきた大阪市北区西天満の靴店「靴のオットー」が2月20日、本当に閉店する。「大阪一安いとうわさの靴店」などユニークなキャッチコピーとともに約40年間走り続けてきたが、店主の竹部浅夫さん(74)が体調を崩し、店頭に立ち続けることが難しくなった。大阪・西天満交差点の角で、不況の荒波にも負けずしぶとく経営を続けてきた小さな名物店がついに姿を消す。

 竹部さんは兵庫県尼崎市出身。靴小売店で勤務後、昭和52年に独立した。商店街ではなくあえてビジネス街の西天満で同店を開いたのは、他店との差別化を図るためだった。

 床面積30平方メートル足らずの小さな店だが、ドイツの通販会社「オットー」の創業者が靴職人だったことにあやかり、「オットーのような大きな店になりたい」(竹部さん)との願いを込めて店名をつけた。

 開店時から、当時としては珍しいディスカウント方式で店を展開。男性用ビジネスシューズを中心に、卸売業者から売れ残った商品を買い取り、格安で販売した。靴底の厚みで身長が高く見えるシークレットシューズも人気商品になった。1日に100人が訪れることもあった。

 しかし、バブル経済がはじけると、客足は激減。「もうあかん。どないしようと、不安でいっぱいになった」(竹部さん)。そんな中、ふと「ありのままの思いを、垂れ幕にしてみたら」と思いついたのは、平成5年ごろのことだ。

店のテントに掲げられていた名物の垂れ幕(平成24年)
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

注目のテーマ