ニュース
» 2016年02月03日 15時05分 UPDATE

ローソン、中国・武漢市に1号店 中部地域での出店は日系コンビニ初

ローソンは今春、中国の武漢市に1号店をオープンする。中国の中部エリアに進出する日系コンビニは初めてだという。

[ITmedia]

 コンビニエンスストア大手のローソンは2月3日、中国・湖北省武漢市に1号店を今春オープンすると発表した。中国の中部地域に出店する日系コンビニは初めて。

 同社は現地の小売企業である中百超市有限公司とエリアライセンス契約を2月2日に締結。2016年中に武漢市に10店舗をオープンし、その後、武漢市を中心とする湖北省に3年で200店、5年で500店を出店する計画だ。武漢市の人口は約1000万人で、今後若年層を中心にコンビニへの需要が高まると同社は見ている。

中国で650店舗以上を展開するローソン(出典:上海ローソンのサイト) 中国で650店舗以上を展開するローソン(出典:上海ローソンのサイト)

 ローソンは1996年に中国1号店を上海市にオープン。2015年12月末現在、上海、重慶、大連、北京などで652店舗を展開する。これまでは直接出資による出店だったため、今回のエリアライセンス契約は初。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -