コラム
» 2016年02月09日 06時30分 UPDATE

老化現象の一種:若いときとは何が違う? 中年太りが起こる理由とは (1/3)

40代を過ぎると、太りやすい体質になってきたと感じる人が多くなります。今回は、中年太りが起こる仕組みを説明していきます。

[いしゃまち]
いしゃまち

 40代を過ぎると、若い頃と同じ生活をしていても太りやすい体質になってきたと感じる人が多くなります。加齢とともに体質が変化し、何らかの原因により太ってしまうことを「中年太り」と呼びますが、これは白髪や老眼などと同じく老化現象の一種です。

 では、実際に私たちの体内ではどのようなことが起こっているのでしょうか。中年太りが起こる仕組みを説明していきます。

原因その1:筋肉量の低下

 人は、何もせずに寝ているだけでもエネルギーを消費しています。呼吸や体のさまざまな機能が活動するために消費しているエネルギーを「基礎代謝」といいます。基礎代謝は筋肉量に比例し、筋肉量が多ければ高く、少なければ低い傾向にあります。

 そして基礎代謝が高い人は痩せやすく、たくさん食べても太りにくい体質となっており、反対に基礎代謝が低い人は痩せにくく太りやすい体質であることが多いのです。

 基礎代謝は20歳手前でピークを迎えて徐々に低下していき、40代頃からガクッと落ちてしまいます。

ks_himan01.jpg
       1|2|3 次のページへ

Copyright © 2016 Mediwill All rights reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -