コラム
» 2016年02月19日 06時00分 UPDATE

マネーの達人:「マイナス金利」が導入されたけど、お金の運用はどうすればいいの? (1/3)

2月9日、10年国債利回りが初のマイナスとなり、金利市場に大きな混乱が起きています。そんな中、われわれのお金はどう運用すればいいのでしょうか?

[田島稔之,マネーの達人]
マネーの達人

 日銀のマイナス金利導入決定以降、金利市場に大きな混乱が起こっています。2月9日には、10年国債利回りが初のマイナスとなりました。これは、「10年国債を買って、元金ともらえる利息全てを足しても買った値段を取り戻せない」ということです。

 そんな中、われわれのお金はどう運用すればいいのでしょうか?

国債での運用はダメージ大

 財務省は、個人が買える国債「新型窓口販売方式」の2月分の募集を中止しました。これは、「損すると分かっていて買う人はいないだろう」という理由からだそうです。

 資産運用会社は「期待している利回りでは運用できない」として、国債での運用が中心の投資信託MMF(マネー・マネジメント・ファンド)の新規受け付けを停止しました。中でも日興アセットマネジメントは運用も停止し、返金することを決定しました。

 保険会社の正式発表はありませんが、元本確保型で貯蓄性の高い年金保険、学資保険、終身保険は新規募集の予定利率引き下げとなると予想されるでしょう。これらの商品は安全に運用する必要があり、国債を中心に運用されているからです。

 このように、国や金融機関の決定が、国債での運用で利益を出すことの難しさを物語っています。

ks_manetatsu01.jpg
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

Loading

注目のテーマ