ニュース
» 2016年02月23日 12時55分 UPDATE

フォルクスワーゲン日本法人がトップ人事 3月1日付けで社長交代

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは3月1日付けで新社長にティル・シェア氏が就任すると発表した。現社長は副社長として経営陣に残る。

[ITmedia]

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは3月1日付けで新社長にティル・シェア氏が就任すると発表した。現社長のスヴェン・シュタイン氏は副社長として引き続き経営に携わる。

トップ人事を発表したフォルクスワーゲン グループ ジャパン トップ人事を発表したフォルクスワーゲン グループ ジャパン

 シェア氏はドイツ生まれの50歳。2003年にフォルクスワーゲン グループ イタリアへ入社。2008年以降はアジアに拠点を移し、フォルクスワーゲン グループ香港のマネージングダイレクター、ベントレー モーターズ中国・香港・台湾・マカオのマネージングダイレクターを経て、2014年1月からフォルクスワーゲン グループ チャイナ 輸入部門のマネージングダイレクターを務めていた。

 シュタイン氏は2015年7月末に急遽社長退任した庄司茂氏の後任として、この7カ月間、臨時の代表を務めてきた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news063.jpg
ビールは22円値下げの見込み:
news020.jpg
コンビニ探偵! 調査報告書:
news039.jpg
池田直渡「週刊モータージャーナル」:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -